尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2008年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 天馬の道~吹奏楽のために(片岡寛晶)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰冒頭、装飾音はゆったりめで、全員がきちんと揃うように。音量的にも突出しないように気をつけて下さい。

5小節目から細かな動きになりますが、4小節目の延ばしの時に次の8分音符のリズムを意識して、自然に入れるように心がけて下さい。特に6・7小節目は休符もテンポの中に正確に入っていないと不安定に聴こえがちになりますよ。

[B]~、mp ですがリズムは固く、正確さが要求されますよね。2小節目のような4分音符は短すぎないように。(8分音符ではありません)

特に後半、音型が複雑になりますので、メトロノームを使ってゆっくりから正確に練習して下さい。

[D]~、細かなスラーの語尾までしっかり演奏するように。また2小節目や4小節目の最初の音は短くなりすぎないように。(決してテヌートではありませんが)

[G]~ スラーが全体に多用されていて、滑らかに演奏したいところですが、気をつけないと全体があいまいに聴こえがちです。指はリズミカルにしっかり動かして!ま た4小節目のような跳躍の大きなところはしっかり息を使い分けて(でもスラーで)リズムが崩れないように気をつけて練習して下さい。

[J]~16分音符と3連符、正確に吹き分けて下さい。また、mp 、p のニュアンスを大切にして欲しい(あまり強いヴィブラートは似合いませんよね?)のですが、音程・音色はくれぐれも気をつけて。表情のない死んだ音にならないようにしましょう。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団 し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。