尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2008年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 天馬の道~吹奏楽のために(片岡寛晶)

パート別ワンポイントアドバイス(サクソフォーン編/講師・中村均一)

中村均一4度や5度の響きは強力すぎるので普通のハーモニーには平行して使われる事はありませんが、この曲では効果的です。完全な響きが作れますからピッチとバランスを丁寧に合わせる事が大切です。

冒 頭のアルトは音程が1st.は中Dで高く成り易いので左手小指のHのキィを、2ndはAで元々低いですからG#の小指のキィを押さえると合わせやすいと思 います。同じ事が6小節目のテナーとアルトにも言えますからユニゾンがしっかりと合うように替え指を使って音程を作りましょう。

[A] のテナーは音域が足りないので装飾音がありませんが、あるようなニュアンスとタイミングでアンサンブルをまとめましょう。[A] の3つ前から6つ目のpiu
mossoにかけてはスコアを見てサクソフォーンセクションだけの動きを意識してユニゾンの歌い方の効果が出るように積極的に表現を工夫しましょう。

[B] の4つ前からのテナーとバリトンの実音AsとDes、アルトの4度の響きも替え指が必ず必要になると思います。

[B] からやっと役割が分かれます。1stアルトはTrp.と、2ndアルトとテナーはTrb.と、バリトンはTub.と、それぞれキャラクターを作ります。

[C] の細かい16分音符の表現は印象的に聴かせられる様、息の支えを意識しましょう。

[D] の一つ前のテナーの8分音符はバリトンの4分音符と動きを合わせましょう。[D] はソロイスティックな動きですが16分音符が転ばないよう正確なテンポをメトロノームを使って練習します。8分音符のアーティキュレーションはスタッカー トになります。アクセントの付け方も工夫をして表現をしましょう。声で歌ってみた時の息遣いをお手本にすると良いと思います。

[E] はRisolutoですから4分音符を印象的になるよう重いアクセントをつけます。テナーの8分音符だけがCresc.Dim.になりますから、それが聴 こえる様に他の長い音符のfp の「p 」をしっかりと押さえましょう。5小節目からはアルトとHr.しかいませんから印象的に響きを作りましょう。

[F] からは躍動感のあるテンポとリズムを作りましょう。バリトンの8分音符は楽譜に書かれているダイナミクスを研究すると効果的です。アルトのレガートは転びやすく難しいですね。指の動きに気を取られてアクセントを忘れない様にしましょう。

[G] のテナーは埋もれやすいですが生き生きと楽器を鳴らして音楽を盛り上げます。

[ I ] から一転してコントロールされた美しい響きとバランスを聴かせましょう。[L] の前のアルトのソロは短いですが少し大きめに聴かせましょう。

[L] 以降でまたテンポが再現されますがエンディングへ向けて興奮した感覚を作りましょう。突然のp をしっかりと押さえてcresc.の効果を大げさに出来ると立体的な表現になると思います。

【中村均一プロフィール】
1983年東京芸術大学を卒業。同年、同大学同声会新人演奏会に出演。また、東京文化会館新人オーディションに合格。1982年にアルモ・サクソフォーン・クァルテットを結成。1986年第21回民音室内楽コンクール(現東京国際音楽コンクール室内楽)第1位を受賞。1988年、第9回、第10回、第 11回、第13回のワールド・サクソフォーン・コングレスに日本代表として出演。1999年のスイス・ロマンド放送交響楽団の日本ツアーに参加。また、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団等、オーケストラのサクソフォーン奏者としても活躍している。NHK-FMフレッシュコンサートやFMリサイタルには度々出演。これまでに、クァルテットやソロなど10数枚のCDをリリース。東京芸術大学、日大芸術学部音楽学科、 SHOBI各講師。