尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2008年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

IV. 天馬の道~吹奏楽のために(片岡寛晶)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也冒頭4小節目からは、各声部が互いに4度で平行に進行します。正確に完全4度の音程を合わせ、透明感のある大空を表現してください。花粉や黄砂で視界不良の大空にならないようにしましょうね。
下声部がしっかり支えるバランスがよいでしょう。作曲者も下声部を2番3番に重ねて書いています。各パート複数人数で担当している学校は、各声部の人数バランスに注意をしてください。

[A] 2小節前2拍目から3番トランペットは1番のオクターブ下になります。太い響きで上の声部をしっかり支えてください。[A] 以降も、曲全体を通してオクターブや完全4・5度が多いので、同じように声部バランスと透明感のある音程に気をつけながら演奏してください。

[H] 1小節前のリズムアンサンブルが合奏で乱れやすいチェックポイントです。リズムとテンポの流れが不自然にならないよう、入念に合奏練習してください。

[K] 5小節目3番トランペットのテヌート、なぜ作曲者がテヌートを書いたのかの訳を考えましょう。

最後から5小節前のBell up! はトランペットとトロンボーンでしっかりベルアップしましょう。4分音符の響きがアクセントで鋭く短くならないよう、響きを大切にしてください。次の小節のord.の意味は、勉強のためにご自身で調べてくださいね。

曲を通して、アクセントやテヌート、ダイナミクス、声部の配分など、作曲者が非常に考え親切丁寧に書いてありますので、演奏する側も楽譜をきちんと読んで丁寧に演奏してくださいね。

【本間千也プロフィール】
SHOBI に入学し、在学中に学内コンクール1位、新潟県音楽コンクール県知事賞を受賞。1995年には、アジアユースオーケストラの楽員に抜擢され、元イスラエル フィル首席Trp.奏者のエドモンド・コード氏の指導を受けながらアジア・アメリカ各地においての約1ヵ月半の演奏旅行に参加した。SHOBI ディプロマコースを卒業後、1997年にシエナ・ウインド・オーケストラに入団。 1999年、第16回日本管打楽器コンクールに於いて第3位に入賞。現在はシエナウインドオーケストラ楽団員としての演奏活動の他に、さまざまな室内楽グ ループでの演奏や、ソロ演奏、オーケストラ客演、ミュージカル、スタジオ録音、歌手のバックバンド等の多彩な演奏活動を行っている。VIVID BRASS TOKYOメンバー。