尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2009年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. コミカル★パレード (島田尚美)

パート別ワンポイントアドバイス(オーボエ編/講師・市原 満)

渡辺 泰題名の「★」印は何?これはどうしても必要なのね…。「つのだ☆ひろ」(歌手)も「☆」を間に入れることになっているけど、そんな感じかな~。作曲者の島田尚美さん!意味を教えて~!!

さてこのマーチのような(マーチは原則2/4拍子のはずだが…)、明るく、爽やかで、楽しい曲はクリアな発音とアーティキュレーション表現で対処すればだいたいOK。

オーボエは残念ながらオプションとなっていて、ほとんどフルートと同じ(時々アルトサックスと同じ動き)。でもオーボエが有るのと無いのではサウンドがまったく違うから、オプションだからと気を抜かずに、音程ピタリで美しいユニゾンを作ろう。

[E] のトリオまで8分音符にスタッカートが記されている。軽やかで短めのスタッカートがベスト。でも鋭すぎて粗っぽくならないようにね。8小節目1拍目ウラのG#の前打音はオンタイムで。

19小節目や25小節目のD♭-E♭のフィンガリング必ず左E♭キーを使うこと。絶対に右小指を滑らせてはダメ!

[F] からのフルートとのユニゾンは息の流れを真っ直ぐ、軽くヴィブラートをかけて。過剰なヴィブラートでespressivoすぎるのはこの爽やかな曲には合 わないよね。[F] 3小節目のD-Fは左Fキーを使ったほうが音程が良い。53小節目や[H] の後も左Fキー。

91小節目のD♭-E♭-FのフィンガリングはE♭は左E♭キー、FはフォークFで。これも右小指を滑らせてはダメ。

最後の2拍3連はテヌートが付いているが、ベタ~っとしないでマルカートがカッコイイね。2拍3連が出てくるとベタベタ粘るのはやめようね。

【市原 満プロフィール】
トランペットを北村源三、北川晋、故金石幸夫の各氏に師 事。80年東京芸術大学音楽学部別科修了。同年オーボエに転向。似鳥健彦氏に師事した後、81年ドイツに留学。ベルリンでハンスイェルク・シェレンベル ガー(ベルリンフィル首席)、ミュンヘンで故マンフレッド・クレメント(バイエルン放送響首席)の各氏に師事。86年帰国後、多数のリサイタル、ソロコン サートを開催。NHK-FMリサイタル出演等ソロの他、木管五重奏団「アマデウス・クインテット」を主宰、活発に演奏活動を行っている。また全国各地で、 吹奏楽コンクール、アンサンブル・コンテスト等の審査員や吹奏楽講習会、オーボエクリニックの講師を務める他、「バンドジャーナル(音楽の友社)・ワンポ イントレッスン(2002年)、MANちゃんの木管アンサンブルの楽しみ(現在連載中)」の連載等執筆活動も行い、多方面で活躍している。
日本オーボエ協会常任理事、玉川大学芸術学部講師、東京ミュージック&メディアアーツ尚美講師。
市原満公式ホームページ:http://ichihara-man.com/