尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2009年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

V. 躍動する魂~吹奏楽のための(江原大介)

パート別ワンポイントアドバイス(テューバ編/講師・佐野日出男)

佐野日出男なかなかの難曲ですね。ただ、きちんと分析すれば、実はそんなにややこしくはないので安心して下さい。パート譜は一見すると難しそうですが、実際に吹いてみるとそうでもありませんでした。

32分音符が多いのでビビりますが、テンポは遅いので(実は80の16分音符と同じですから。)、拍子の書き方に惑わされないようにすれば大丈夫です。

ま ず8分の3拍子なら1小節に32分音符が12個入っていますね。例えば1の小節は吹く音をタと発音し休符をトと発音すると決めると「タトトト タトトタ  トトタト」となります。3連符や6連符の場合はやはり1拍を3つや6つと考えて同じように分析しましょう。延ばしの音符(4分音符等)も最小単位の32分 音符を感じて延ばすと正確に出来ますよ。

さて演奏上の注意です。この曲はジャンル的には現代曲の作風ですね。
現代曲の場合重要なのは、音符以外のアクセント、クレッシェンド、ダイナミクス、及びその変化をきっちり、少しオーバーなくらい表現する事が大事です。旋律の美しさや、心地よさで聴かせる音楽では無いので。

何となくではなく、誰が聞いても分かるように、アクセントはアクセントらしく、クレッシェンドは大胆に、カチッと演奏して下さい。ですから音色もシャープにハッキリ目がいいでしょう。

【佐野日出男プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業。テューバを石川喬雄、多戸幾久三、故 貝島克彦の各氏に師事。読売新人演奏会に出演。卒業と同時に東京金管五重奏団に入団、94年に退団。ソロ、アンサンブル、オーケストラ、吹奏楽、スタジオ など多彩な演奏活動をおこなっている。海外オーケストラの日本公演にも出演多数。
現在、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、テューバグループ S's主宰。日本ユーフォニアムテューバ協会理事。 トレイルブレイザーズ・テンピースブラス、TADウインドシンフォニー奏者。
(※ 2009年時のプロフィールです。現在はSHOBI では指導されていません。)