尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2010年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. 迷走するサラバンド (広瀬正憲)

パート別ワンポイントアドバイス(コントラバス編/講師・小室昌広)

野崎和宏(解説内では、ボウイングの記号を、n→ダウン、v→アップで表記します。)

9小節目はvで入り、11小節目の頭の音は、素早く響きを止めると、他のパートの32分音符が鮮明になります。
4分の5拍子では、他のパートや旋律と、どう関連しているか研究します。全体をイメージしながら演奏すれば、拍子によって混乱することはありません。

[D] 1小節前3拍目はnで入り、タイでつながる次の3連符の頭まで弾いたら早めに弓を少し上げて戻し、2個目もnで弾くと演奏しやすいでしょう。

[E] の前にいくつかある、16分音符2連打の前の3連符はvで始めます。
[E] 3小節目のGは2音ともnで弾くとよいでしょう。やはり2音の間で弓を元方向に戻します。([M] 3小節目C#も同様です。)
[H] 1小節前1拍目C♭はnになると思いますが、次の音A♭も弓を戻しnにすると充分なクレッシェンドが可能です。5小節目も戻してnで。そのまま弓順で弾き、[ I ] 4小節目のffのときにnに弓を返します。

[J] からは旋律を演奏するので、3小節目から4小節間をA線だけで弾くことにトライしてみましょう。滑らかなラインが描けます。
[K] 1小節前5拍目をvで弾けるように、スラーを切って4拍目をnで弾いてもよいでしょう。

【小室昌広プロフィール】
1989年、東京芸術大学卒業。1992年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。コ ントラバスを加藤正幸、永島義男の各氏に師事。L.シュトライヒャー、F.ポシュタ、F.ペトラッキの指導も受ける。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は 東京交響楽団等で演奏されている。都内すべてのプロオーケストラでの経験をもち、東京ゾリスデンアンサンブル・オブ・トウキョウなどの室内楽団でも演奏す る。草津、倉敷、宮崎などの各音楽祭に出演。東京芸術大学及び尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。