尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2010年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

II. オーディナリー・マーチ (高橋宏樹)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美このマーチはいろいろな国のマーチのスタイルで書かれている為に、どのようなスタイルの後打ちで演奏するかいろいろな解釈が部分部分で必要です。

例 えば、タイケの「旧友」のようなドイツスタイルのマーチのような旋律があったりすると足を思いっきり挙げて威厳を持った歩き方の為、ほんの少し後打ちの入 るポイントが遅めになりしかも重い感じの後打ちとなりますし、イギリススタイルのような書き方が出てくると、アルフォードのマーチなどを演奏する際のよう に、後打ちは軽めに正確に入れるようにします。

いずれにしても全体のテンポ感にそって前打ちのスタイルに対してピタリとはまった後打ちを目指して全体の音楽の前進力に大きく貢献できるようにしたいものです。最初の2小節で前に向かい、3・4小節目で次の音楽に向かっていく準備をします。

[A] からは一つ一つのコードを正確に合わせ長さを揃ええましょう。特にB♭とG、A♭のあるパートは音程のコントロールに注意が必要です。調性によくあった ハーモニーを表現できるようにしましょう。11・12、19・20の各小節の和音を強弱の変化に気をつけながらバンド全体の中から良く聴こえるバランスで 演奏しましょう。

29小節目のGの1オクターブのスラーは、苦手な人は下のGを基準にして半音ずつゆっくりとしたテンポ(四分音符=60 くらい)のスラーで広げてオクターブ上のGまでゆっくり練習しましょう。唇はリラックスして上に上がる時に瞬時に唇の開きを中央に集める感じで上がる練習 をしましょう。

その後のCから1オクターブ上へのグリッサンドは、下のCから上唇で下唇を徐々に押すようにして指も適当に動かしながら息 の圧力を徐々に高めて上のCにいく練習を、最初はゆっくりと、それぞれの体の部分の使い方を認識しながら練習し、しだいに動作を早くできるようにしていき ましょう。53小節目のグリッサンドは上に上がったらすぐに弱くしましょう。

68~69小節のリズムはなるべく息を入れて全ての音が良く聴こえるように練習しましょう。69・70小節のリズムはフレーズをここでしっかりとおさめるように吹きましょう。

[F] から96小節までは他の声部はスラーのフレーズなので後打ちも少し余韻をつけるように柔らかめにすると美しく聴こえます。97・98小節目の旋律はGの音程に気をつけつつ8分音符がハッキリ聴こえる大きさでリズムを明確に演奏しましょう。

[G] と[H] は、前打ちと後打ちのパターンが変わるので4小節間はお腹の支えをしっかりキープしつつリズムの変化を正確に演奏できるように練習します。131小節から 最後まで対旋律なのではっきり主旋律に対峙して聴こえるように演奏しましょう。後打ちのリズムが苦手な人は、なるべく口でンッタタタ・タ・タとはっきりと 歌えるように何回も出来るまで練習しましょう。

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。