尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. マーチ「ライヴリー アヴェニュー」 (堀田庸元)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰明るくて颯爽とした感じの曲ですね。こういった曲を演奏する時は、まず奏者が音楽を心から楽しむ必要があると思います。楽器を吹く時は嫌な事や悩みなど忘れて「良い気分で」演奏するようにしたいですね。

さて、まずいきなり5小節目の1stにG-Aのトリルが出てきますね。下記にに運指を表示しておきますね。ちなみにこの曲のトリルは吹き始めから鋭く音を動かして下さい。(トリルは、両方の音が良い音色でなるべく両立できることと、曲想にあった速度でできるように。)

運指

[A] からのリズムパターン、何回も出てきますから正確に吹けるようにしましょう。特に3小節目が走らないようにしたいですね。3小節目だけを取り出して練習してみたり、2小節目の16分音符を省いた形で練習をしてみて下さい。また2ndの人は音は同じですが、和声は変化していますよ。気をつけて。

[B] から先Trioまで、リズミカルな部分とメロディアスな部分とが交互にやってきますが、吹き分けをしっかりできるように。特にメロディアスな部分のアタックが鋭くなり過ぎないように気をつけて下さい。

Trioは前半はお休みですが、メロディ・リズムは感じていたいですね。
[F] の前の合いの手が乗り損なわないように。また[G] の4小節前の2ndは上手く歌えると良いですね。

[H] からは最後までテンポ・リズムを崩さず正確に演奏したいですね。基本的に同じ音型ですが、その中で表情・役割の変化を意識できるようにして下さい。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。