尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

V.「薔薇戦争」より 戦場にて (山口哲人)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美3小節目4拍目からの下のB♭—上のB♭は、最初から上のFの前まではF管でそのまま上がるか、3・2・1番のチューニングスライドに関わるロータリーを指でアトランダムに動かしながら、息のスピードの変化をクレッシェンドによって次第に強さを強くしながら4小節目の上のB♭に上がる。それ以降は3・4拍目で弱くする。

5小節第2拍目の16分音符4つは個々の音に息をしっかりいれてはっきり聴こえるような演奏を目指し、3拍目からの不協和音は平均率で(チューナーのまま)合わせます。

7小節目3・4拍目以降の1st Hornは、Oboe、Alt Sax. 1stと同一な動きです。ピッチをまずお互いによく合わせてからセクションで合わせましょう。8小節目のb-minorのセクション内のピッチ合わせをしましょう。

9・10小節の1オクターブずつ離れた1st-2nd・ 3rd-4thのピッチをよく合わせ、なるべく強めに出せるように日頃から低音用のロングトーン、スケールの練習をしましょう。

15小節目の3連符のリズム、1拍目の方はスラーの後ろの方に息をしっかり出して16分音符をはっきり、他のアーティキュレーションも正確に。

23−26小節目は柔らかい表情で演奏しましょう。また拍子がここで4分の5拍子になるので、注意してリズムパターンを覚えてしまいましょう。

28・29小節目はなるべくストップミュートでやった方が、手でやるよりも音程が合いやすいです。

33・39小節目はCla.の第3拍目の8分音符に正確にホルンの16分音符2つが入り『タ・タ・タン』とリズムが決まるようにしましょう。

34小節の1stと3rdホルンの旋律は、Tenor Sax. やEuph.をよく合わせましょう。

45小節目からTrb1,2,3、Baritone Sax.などと一緒の動きをしています。力強さを持って表現するように心がけましょう。また47小節の3拍目からAlto Sax. 1st&2ndはHorn 1st&2ndと同様に、またBaritone Sax.はHorn 3rd&4thと同様な動き同士で合わせていきましょう。

53小節目からTrp.、Horn、Trb.の3つのセクションで、音程確認、声部間の音量バランス、音色感をチェックしましょう。

56−58小節間はA.Cla.、B.Cla.、T.Sax.、Bari.Sax.とあわせます。59小節目はA.Sax1st&2ndと合わせます。61小節目はA.Sax. 1st& 2nd、T.Sax.などと合わせましょう。

64・65・68・69・75の小節のリズムは、細かい音になるべくたくさん息を送り込んでツブをはっきり舌も浅くつくように注意して表現しましょう。

80小節目はグリッサンドの位置を正確に、ff でそのすぐ次の音符の発音をはっきりと。83小節4拍目・85小節4拍目のグリッサンドと87小節目の二分三連符のリズムを正確に。

93−97小節目からのハーモニー3種の合わせと、98小節目のハーモニーのピッチと響かせ方を(Saxパートと異なる和音ですが)合わせましょう。おしまい。

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。