尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. さくらのうた(福田洋介)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美3小節目1stのEsは柔らかく入りホルンの音だけが残るようにしましょう。小さく吹きすぎて響きが犠牲にならないように気をつけます。

6小節目の1st&2ndはハーモニーの色合いを変えるのに重要な音です。2ndの実音Des(D♭)が高くならない様に音程を確実に合わせましょう。7小節目の2nd&3rdのCは15小節目の2ndと同様にB♭管の1番のCの方が音程の収まりが良いでしょう。(A♭ハーモニーの第2転回)

21小節目a2(二つのパートで演奏するという意)は、T.Sax.との音量バランスと音程を合わせ主旋律に対して対旋律的な動きとして聴こえるようにまとめましょう。

練習記号 [B] からは一つ一つのハーモニーの音程を揃え、まとまったハーモニーで聴こえるようにすることと、29・30小節はTrbs.に受け答えるように演奏しましょう。

32小節め1st&2ndの第1拍目のリズムは全体的に発音をはっきりめに、しかも16分音符を強めにはっきりと出すよう練習しましょう。39小節目の3rd&4thはcla.やT.Sax.やEuph.らとともにメロディーを締めくくります。同じ動きのパート同士で音程やバランスを合わせdim.の表現をしましょう。39小節の最後の8分音符から弱くしていくと効果的でしょう。

43小節あたりから♪の単位で1.2.3.4.5.6と数えがら、44小節目はブレスを揃えて出るようにお互いに感じ方を揃え、45小節の4分音符3つはひとつひとつ十分な長さ(8分音符2つずつ1ト2ト3トとカウントしながら)で演奏しましょう。

練習記号 [E] のstacc.(スタッカート)は一つ一つ発音した際の舌がすぐ戻らないようにして『丸い音』の発音を目指し音を一つずつ伸ばして音程を揃えてハーモニーの透明度を上げましょう。

練習記号 [F] はA.Sax.の実音Gと同様に高くならないように正しい音程を目指しましょう。

76・77小節は十六分音符に息を入れリズムを明確に表現します。スラーの後ろの場合はおなかを使って息を吹き込み、スラーの無い場合は舌の発音をはっきりとして息は多めに吹き込みリズムを明確に聴かせます。

85小節からの2小節は豊かな音量で、力まず息をおなかで支えて出しましょう。

練習記号 [H] からの7小節間のソロは幅広い十分な息で歌い込みましょう。いろいろな歌い方が出来ますので研究してみましょう。声を出して「ラ〜」で歌ってみるとだんだん歌い方が決まってくるかもしれません。

100小節目の入りは8分音符からはっきりと入りましょう。

練習記号 [ I ] から4小節間は主旋律のパートです。まず自分たちの音程を良く合わせましょう。実音Cの音はF管を使いましょう。

練習記号 [J] の前後2小節間はリズムは「ターンッタ・ター」です。リズムを明確に出す練習をしましょう。お腹の支えと舌のつきかた(トゥー、too)に注意しましょう。

119小節目の3rd&4thの細かい動きは息を十分に入れて音一つひとつが良く響くように。あとは他の同じ動き同士と良く合わせることも大事です。

127小節目の1stはcla.の2ndと同様の動きですが、音を良く響かせてみんなに良く聴こえるように吹きましょう。最後の音はC-durの第3音ですのでハーモニーにうまく収まる音程で終わりましょう。

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。