尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

I. さくらのうた(福田洋介)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也

4〜8小節目のメロディーですが、6/8のビート感を出すか、それともcantabileを優先してビート感をあまり出さずにコラールのように演奏するか、好みが別れるところですね! 指揮者と相談し、バンド全体でどのように表現した方がよいか話し合いましょう。

大阪市音楽団による課題曲参考演奏のCDは、6/8のビート感が少し強めの表現をしていますね。6/8拍子の日本の春の歌といえば「早春賦」が有名ですが、同じようなイメージで歌ってみるとイメージが膨らむかもしれませんね。楽曲全体を通して穏やかで暖かく明るい春の日差しのような音色で演奏しましょう。美しく澄んだ陽射しと空気のようなハーモニーも奏でたいですね!cup muteの音程や[B]直前、一番最後の箇所など、全体に渡り美しいハーモニーを常に奏でてください。

mfff のダイナミクスの箇所やプラルトリラーの所など、音色やアタックが乱暴になってしまわぬように気をつけてください。
53〜56小節はいい音で美しく確実に演奏したいところです。プラルトリラーが尖り過ぎないよう丁寧に演奏してください。
[G]の4小節間はユニゾンでの mp ではじまりますので、大きくなりすぎないよう音量に気を付けましょう。

プラルトリラーが上手に演奏できるために、アーバン金管教本の装飾音符のページをたくさん練習してみましょう。
とくに54小節目と83小節目(オプション)は全音のプラルトリラーですので、「ファソファソ・・・」や「ソラソラ・・・」などとトリルで行き来出来るように基礎練習をしてください。全音の音程なので、指でだけではなくてきちんと二つの音程をイメージしないと綺麗に演奏できませんよ!

譜例
譜例はプラルトリラー対策の練習例です。

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐 和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィルハーモ ニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。 2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、 VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。尚美ミュージックカ レッジ専門学校 非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(元NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。