尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

III. 吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」(足立 正)

パート別ワンポイントアドバイス(コントラバス編/講師・小室昌広)

野崎和宏(解説内では、ボウイングの記号を、n→ダウン、v→アップで表記します。)

「寿限無」の長助の長い名前は長生きを願って、仏教用語のめでたいワードを抜き取ったものなので、華やかな曲想を活かしていきたいです。リズムの精度に固執しすぎて、軽快さや明るさを失わないように気をつけて演奏しましょう。長い名前に翻弄される噺の面白さが背景に感じられるといいですね。

最初の部分は、最後の連続する2音を除き、全てダウンで、打楽器風な音を作っていきましょう。 このような力強い単発の音は、コントラバスでは良く出てきますが、なかなかいい音が出なくて悩んでいる方もいるでしょう。実はこれには意外なコツがあるので、お教えしましょう。
弓の手元部分を使わない というのがコツです。弓の手元で弾こうとすれば、力が入ると思うでしょうが、実は体勢が崩れていて、力が弓に伝わらないので、弓が滑ってしまうのです。試しに弓の真ん中から始めて音を勢いよく出してみましょう。このほうが成功率も高いことが解ります。 弓の木に糸が巻いてあれば、その下から弾き始めないほうがよいでしょう。フロッシュから拳1個分以上離れた位置から弾き始めるようにしてみましょう。

曲頭のE線上のFも弓の中央により近い位置で音が軽く出るように練習してみて下さい。肩甲骨を後ろに引き、肘を曲げると力が入りやすいです。

18小節からの5分音符は軽いアクセントをつけてリズミカルに。74小節からも同様。 40小節以降の3つの2分音符にかかるスラーは最初の2音をダウンひと弓で、3つ目の2分音符は切り離してアップが有効です。

60小節からのメロディーはn vn v|vn vn vv|n vvn vv| にトライしてみましょう。
68小節と曲最後の小節は最後の音のアクセントを生かすためにも、直前2つの8分音符を連続アップで弾きましょう。

73小節はn vvn vで。 91小節からはダウンで弓順。 96小節3拍目はアップから入りましょう。

【小室昌広プロフィール】
1989年、東京芸術大学卒業。1992年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。コントラバスを加藤正幸、永島義男の各氏に師事。L.シュトライヒャー、F.ポシュタ、F.ペトラッキの指導も受ける。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は 東京交響楽団等で演奏されている。都内すべてのプロオーケストラでの経験をもち、東京ゾリスデンアンサンブル・オブ・トウキョウなどの室内楽団でも演奏す る。草津、倉敷、宮崎などの各音楽祭に出演。東京芸術大学及び尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。