尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

III. 吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」(足立 正)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰日本語が持つ独特なリズム感、イントネーションを上手く取り入れ、ユーモラスな曲になっていますよね。演奏もこの特色をしっかり活かせればと思います。
[B] からのメロディは打楽器の8分音符のビートのキャラクターを上手くアンサンブルしたいですね。8分音符の発音1つ1つがクリアで生き生きとした表情を出せるように。またこのメロディはペンタトニック(俗に言う「47抜き」)で書かれています。使われている音はF-Ges-B-C-Esだけですよね。さらに普通ならGが使われるところを半音下げる事によって、F-Gesは狭く、Ges-Bは逆に広いアンバランスな音階になっています。この特徴を上手く活かした演奏を心掛けて下さい。また[C] 1小節前は改めて吹き直すイメージで。拍子の変化をしっかり出したいですね。

[E] からはテンポも調性も変わりますが、ここもやはり普通の7音階ではなく、1音足りませんよね?(さて、何の音でしょう?)
また、テンポがゆっくりになるのを上手く活かすためにも16分音符は丁寧に、気持ち時間をかけるつもりで演奏できると良いですね。

[F] は最初の2小節に対して次の2小節がより強調される形で演奏できるように。それに続く4小節と合わせて2小節づつで「起承転結」になっているのが解りますか?

[H] からは基本は前半と同じですが、所々に4拍子以外の拍子が使われています。しっかり変化をつけて下さい。また[J] から4小節間のみ調性が変化している所にも注意が必要ですね。

最後になりましたが、この曲のように作品の元になっている題材がしっかりとある曲を演奏する場合には、その題材からなにか演奏に活かせる部分がないかを考えながら作品の研究をしてみて下さい。最初にも書きましたが作品の特色を活かした演奏表現を目指してください。

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。