尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

V. 香り立つ刹那(長生 淳)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰さて、毎年難解な曲となる課題曲Vです。
今年の曲も非常に意欲的、かつ挑戦的な曲になっています。スコアを読んでも、参考演奏のCDを聴いても「何だこりゃ…」と思うこと必至だと思います。「こんな曲、演奏するの無理だよ…」と泣きが入りそうになります。
でも実はこの曲、冷静に譜読みして丁寧に練習すれば演奏できるように書いてあります。フルートとピッコロに関して言えば、物理的な意味で無茶な事は書いていません(唯一、7小節目の1stが難所ですが)。よく楽器の特性を理解しているのが解ります。

それではどうやって練習すればいいか、いくつかポイントを説明してみましょう。

(1) ゆっくりと、少しづつ
パート譜を見ていると16分音符どころか32分音符まで出てきて見るからに「うわっ、速っ」と思ってしまいそうです。でも慌てずに冷静に「1小節だけ、8分音符づつ」と思って読んでみてください。16分音符は2つで、32分音符は4つで8分音符1つ分です。休符も同様に正確に読んで下さい。

(2) 3連符、5連符、7連符を正確に!
要点は「何拍の中に入るのか」を考えることです。特に難しいのは[F] 6小節目のような「8分音符2拍の中に入れる3連符」です。リズムが均等になるように気をつけて練習してください。

(3) 変拍子は2拍子と3拍子に分解する
基本的にこの曲の拍子は8分音符単位で書かれていますので(唯一の例外は[E]2小節目)、5拍子は「2+3」か「3+2」に、7拍子は「2+2+3」か「3+2+2」か「2+3+2」に分類できます。

上記3点に気をつけて譜読みが出来ればどうですか?1小節だけ、ゆっくりなら吹けると思いますよ。「ゆっくり、1小節」が出来たら次は「ゆっくり、2小節」もしくは「少し速く、1小節」に挑戦してみてください。どちらにしても精度を絶対に落とさないように気をつけて。このように少しづつ出来ることを増やしてゆけば、あとは時間の問題だと思います。

最後に、このような複雑な曲を演奏するときは、常に全体を意識して場面毎の音色の表情、同じ動きをしているパートとの関わり、バランスなどを自分の耳をしっかり使って意識して、各自が明確に意図を持った演奏が出来るように心掛けて下さい。
(もっとも、他の曲でも同じ事が言えますよね。)

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。