尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

V. 香り立つ刹那(長生 淳)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美この曲を演奏するに当たり、まずは書かれている音符、リズム、音程のとり方、他のパートとの関連などをなるべくよく読み取っていくことが大事です。何度も演奏していくうちに音の塊や細かく動くところやそれに関連して動いているときなど、どのようにしていったらよいか次第にイメージが膨らんでくることと思います。
音一つ一つに何かを感じさせるような表現につながってくるとより面白い演奏になってくると思います。

5・6小節目にあるタイのうしろにあるスタッカートは、のどで息の流れを止め音を切るようにします。

7小節目の3連符は8分音符二つ打つ間に音を3つ入れます。アーティキュレーションに注意して表現や音の長さ、発音の仕方や切り方をコントロールできるようにしていきましょう。音程は平均律で大体取るような設定で良いと考えます。他の楽器群と不協和音を形成したり空いている部分は音程、音色感、各楽器の音のブレンド感を調性してみましょう。
曲中において旋律のつなぐ役目をしたり、細かな動きを支える和声的な働きをしたり、様々な働きがあるのでそれぞれの働きを良く見極めて演奏することが大事です。そのためにもなるべく正確な演奏ができるように練習していきましょう。

練習記号 [C] からは他のパートから旋律を受け継ぐので自分たちの出だしが遅れないようにしっかり数えて入りましょう。29小節目八分音符で1st&3rdの実音As-C-D-EsのフィンガリングはCのみをF管で、それ以外はB♭管を使うと演奏しやすいです。

練習記号 [D] までのほかの楽器の旋律をEup.と共に35小節まで主導権を握り旋律的な動きを任されます。特に32小節の途中からのffはその前からの楽器群の数と音量の大きさからしてかなり大きく吹く必要があります。

37小節目は8分音符の3つ目が一番強く吹くようにクレッシェンドが書かれているので忠実に表現しましょう。

練習記号 [E] のAcceso(燃えるように、鮮やかにの意)は、ひたすらカウントできるようになることと旋律的な動きの流れを早くつかむようにしていきましょう。

50小節目は下降してくる楽器群にたいして最初は少し強めに入る事が必要です。

62・63小節は音の重なりが上手く組み合わせてまとまるようにしていきます。1st&2ndと3rd&4thの動きが互いに上手く組み合わせられひとつになるように表現を作っていきましょう。

65小節から67小節目までの3連符のアンサンブルをがっちり築き上げ、8分音符のみとシンコペーションの動きを持つ楽器群と16分音符の あと打ち 群の間に在って存在感を出せるようにバランスを取りましょう。

練習記号 [ I ] 以降、16分音符を頭に持つシンコペーションや76小節目には32分音符も出てきますので、8分音符単位でリズムを取る練習を行い、覚えてしまうくらいまでにしましょう。

85小節目も8分音符2個にやや遅くしていきながら音を3つ入れ、そのあとまた速いテンポに変化しますのでリズムの取り方は要研究です。92小節目から最後までは4分音符単位でリズムをとったほうが取りやすいです。

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。