尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI講師陣による課題曲講座

 

V. 香り立つ刹那(長生 淳)

パート別ワンポイントアドバイス(テューバ編/講師・国木伸光)

国木伸光大変難しい曲ですね。
まずはメトロノームを使ってゆっくりしたテンポから練習しましょう。
その際に大切なことは、息が一つ一つの音にしっかり入っているかを確認することが大切です。
また、テンポを速くしていく際にゆっくり練習した時と同じ息の使い方が出来ているかを確認しながら練習する様にして下さい。
作曲者自身の解説にもありますが、「楽譜から先のところ」。 自分なら「こう演奏したい」という意思表示が感じられると良いです。

[A] 
3小節目は、出だしの音をしっかり聞かせるつもりで演奏しましょう。

[B] 
3小節目のsoloは、休符の前の音を止めてフレーズが短くなったり、音楽の流れが止まってしまわない様に注意して下さい。
soloを含め、その後も強弱が頻繁に変わっていきます。どの音に頂点を持って行くのかが明確に表現出来ると良いですね。

[C] 
8小節目からの16分音符のスタッカートは、短くなり過ぎると音楽の流れが止まりがちになるので注意が必要です。しっかり息の流れ、音楽の流れを意識して演奏しましょう。

[E] 
3小節間は、頭に8分音符のテヌートがあります。しっかり息を使い響きを出す様に心掛けて下さい。

[F] 
スタッカートの8分音符はしっかり音程感を出していきましょう。
[H] 2小節前からは、スタッカートの付いた8分音符ですが、木管楽器(低音を除く)・Trp.は16分音符です。違いを意識して演奏して下さい。

[H] 
休符の後の入りが遅れない様にしましょう。

[ I ] 
大きなフレーズを感じスラーの後の音の処理が雑にならない様に注意して下さい。

[J]
スタッカートの付いた8分音符は短くというよりは輪郭・響きを重視しましょう。

[K]
強弱・ riten. をどう表現出来るかがポイントです。思い切って自己アピールしてみて下さい。

【国木伸光プロフィール】
北海道生まれ。10歳よりトロンボーンを始め、13歳からテューバを始める。高校在学中、ハーヴィー・G・フィリップスコンクール、アンサンブル部門に於いて 第1位を獲得。高校卒業後、東京コンセルヴァトアール尚美(現・尚美ミュージックカレッジ専門学校)に入学。専門・音楽社会研究・ディプロマの各コースに進学。卒業演奏会に出演。
卒業後、フリー奏者として、オーケストラ、 ブラスアンサンブル、ミュージカル等にて活動中。スタジオ録音(TV・CM等)、各種イベント(世界都市博プレビュー等)をはじめとし、さまざまなジャンルに於いて活動している。NHKの人気番組、『おかあさんといっしょ・ファミリーコンサート』に出演。 1997年、静岡市に於いて、デュオリサイタルを行い好評を博す。 2000年、韓国 済州島アンサンブル・フェスティバル に招待され、コンサートを行い好評を得る。また、同フェスティバルに於いて行われた国際コンクールの審査員を務める。 テューバを佐野日出男・多戸幾久三の両氏に師事。
現在、ブラスアンサンブル・ルスティーク、VIVID BRASS TOKYO、 The Premire Brass Japan 、TUBA GROUP S's、TADウィンドシンフォニーのメンバーとしてクラシックからジャズ・ポップス・ラテンなど、ジャンルにとらわれず 演奏活動を行っている。尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。