尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

I. 勇者のマズルカ (三澤 慶)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子題名のとおり、堂々とした曲です。
5小節目から始まるAltoクラリネットの3連符はとても重要です。スロートの鳴りにくい音域ですが、輪郭のハッキリした音で正確に演奏してください。10小節目は全員集合するところです。決して走らないように、テンポを踏みしめてください。
[A]からのクラリネットのテーマですが、ひっかけの16分音符ばかりが出ないように、大事な音は拍のあたまの音ですから、スラーの行き着いた音に少しアクセントを付けるような吹き方をするとはっきりすると思います。ただし、長さはしっかり短く切ってください。そして、フレーズの行き先は3小節目ですから、そこを目指して吹いてください。これは[B]からのEsクラリネット・Altoクラリネットのも同じことが言えます。Altoクラリネット・Bassクラリネットの伴奏は、一つ一つの音をスピードの速い息で鋭く突いてください。[A]の8小節目のAltoクラリネットですが、3拍目表の8分音符まではそれまでの伴奏、その裏の16分音符から次のメロディですから、それぞれの音符の役割を理解して吹き分けてください。
何度も出てくる[B]の9小節目のアルペジォの形ですが、普段からこの調の分散和音の音階練習を2オクターブをすることをお勧めします。B♭クラリネットならラ♭→ド→ミ♭→ラ♭を2オクターブで上がって降りる。このときドは左小指のキィを使います。
[D]からは流れるようなメロディーに変わります。まず、2小節前のBassクラリネットはその2小節間で音楽の表情を変える役割ですからとても重要です。そして[D]からは、Esクラリネット・B♭クラリネット・Bassクラリネットでアンサンブルをしているつもりで演奏しましょう。ここはソシレ・ドミソなどのシンプルな和音でできていますから、一つ一つの和音を取り出して丁寧に合わせる練習をしてください。[D]の5・6小節目は、2小節間で大きな3拍子で感じましょう。十分にレガートで演奏することが大切ですが、伴奏やユーフォニアム・Altoクラリネット・ファゴットの音をよく聴いて、走ったり乗り遅れたりしないように気をつけてください。
[G]の3小節前は、拍あたまから吹き始める3rdクラリネット・Altoクラリネットはリズムに乗りやすいですが、ひっかけから出てくるEsクラリネット・1st・2ndクラリネットは乗り遅れないように注意しましょう。[G]に向けてrit.するとき、8分音符は短いままの方が締まった感じになると思います。
[I]からはたっぷりと息を使ったレガートで演奏しましょう。アーティキュレーションは必ず守ってください。[I]の8小節目3拍目の跳躍でたっぷりと歌いましょう。Bassクラリネットは長い音符ですが、メロディーを一緒に吹いている気持ちで深い息を送り込んでください。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会に 出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。