尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

I. 勇者のマズルカ (三澤 慶)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美冒頭から力強い音ではっきりと演奏し2小節目2拍目3拍目はっきりとアクセント、特に1stホルン3拍目の「G」はセクションの中で抜き出る様に。5小節目は突然「p」です。お腹に力を入れたまま演奏します。7小節目から短2度、長2度、短3度、長3度の音程と強弱の変化は音楽全体の盛り上がりに重要です。
[A]からの刻みは1音ごとに舌を戻さずに歯切れ良さを前面に出しながらメロディとともにテンポを司る重要な動きです。ひとつひとつ伸ばして正しいピッチと和音の響きをつかんでおきましょう。23小節目最後の16分音符は息を瞬間多くいれ強く吹くとリズムも聴こえてきます。27・28小節は下降するベルトーンと31・32小節は上昇するベルトーンです。一つ一つの発音、音量と重なったときのピッチ、ハーモニーのバランスまでお互いに良く聴きあって完成させていきましょう。
[B]の4thの吹き伸ばしは十分に聴こえるような音で演奏しましょう。34小節の2ndのB♭と4thのFは音程が高くならないように特に注意しましょう。右手の形とセットするポジションも常に確認しましょう。39小節目3拍目から40小節目までの1stはこの部分で特に「英雄的」という表現がはまるくらいはっきりパートをリードするくらい聴こえたい音です。43・44小節はスネアドラムに消されないように(もちろん両方のバランスをうまくとることが必要)クリアに吹きましょう。
[C]の小節と47小節目1stは2拍目をしっかり感じ他のパートと一緒に音量の変化注意しつつ[C]からの6小節間で一つのフレーズを表現した演奏にしましょう。
[D]からの3rd、4thのあと打ちマズルカのリズム感をだしましょう。ややstaccatoぎみで3拍目が若干弱くとかいろんな「マズルカ」の作品を聴いてみましょう。65小節からの3rdのタッタタッタ・・・S.D.と同様に明快に聴こえるように演奏しましょう。
[F]からのハーモニーの変化も一つ一つ良く音あわせをして響きや各音のバランスや混じりあい方を創り覚えましょう。8小節のフレーズに沿ったレガートな演奏を心がけてください。99小節はサクソフォーンパートのメロディにうまくつながり100小節以降に橋渡し出来るように演奏しましょう。102小節1stの第3拍目の「C」は39小節目と同様です。115小節第2拍のオクターブのユニゾン正しい音程を目指して上と下のバランスと全体の音量を強めに入ってからデクレッシェンドしていきましょう。119小節2・3拍目1stの8部音符の動きは一つずつ徐々に遅くしますが最後の音が一番ゆったりと入ると全体の表情としては優しい感じに聴こえると思います。120小節からテンポが少し上がります。流れを感じさせるようなリズムとテンポ感を表現しましょう。120小節以降4thのF、2ndのAs(A♭)、B(B♭)の音程が高めにならないように気をつけましょう。
[J]からはメロディーに対して対旋律です。流れるように演奏します。131小節のGes(G♭)-Des(D♭)-As(A♭)の跳躍は滑らかに上がるためにGes(G♭)から息の量とスピードをしっかりお腹で支えながらかなり多めに吹き込み唇の開きのコントロールをうまく乗せるようにする練習を繰り返し日ごろから練習しておきましょう。
[L]はパート内でまずぴたりと音程、息のスピード、音の太さ、吹き方を揃えてSax.パートとEuph.とうまく合わせられるようにしていきましょう。58小節は強めに。この2小節でフレーズを締めくくります。以下は今まで書いたことと重なりますので同様に注意して練習して行きましょう。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。


ツイート