尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

I. 勇者のマズルカ (三澤 慶)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也

華やかで勇ましいトランペットのフレーズからはじまる、喇叭吹きとしては興奮する冒頭ですよね。バンドの先頭に立つ勇者って感じがします!さすがトランペット奏者が作曲した曲ですよね(笑)。
カッコよく高らかに吹きたいところですが、音色やアタックが汚くならないように気をつけて、勇者としての品位に欠けない音で演奏しましょうね!
オクターブのバランスに注意し、3rdが一人に対して1stと2ndの人数が多い場合には、3rdの割り当てを増やすなどの工夫をしてもよいでしょう。1stと2ndは一番鳴らしやすい音域です。決してオーバーブローしすぎないよう、音色と音程を冷静にコントロールして合わせてください。オーボエとユーフォニアムも一緒に分奏し、音程をしっかり合わせましょう。

曲全体に渡ってスネアのテンポとリズムを軸にアンサンブルしなくてはいけない箇所が多いです。コンクールでの演奏を客席で聴いていてよく気になっていることですが、マーチなどスネアのリズムがとても重要な曲なのにも関わらず、スネアが舞台の下手端っこで演奏しているためにチューバやホルンとの距離が遠く離れてしまいバンドのテンポ感がバラバラになってしまっているバンドをよく見かけます。
この曲もスネアのリズムが大切ですので、なるべく舞台の中央よりにセッティングして、バンド全体がリズムを合わせやすくした方がよいと思います。[B]や[L]でのトランペットとスネアのアンサンブルもしっかり合わせたいですね。
ちなみに東京佼成ウインドオーケストラでは、バンド全体への影響力が大きいティンパニとスネアと1stトランペットをなるべく舞台中央に集めてセッティングし、時間軸を指揮者の正面中央に設定していますのでぜひ参考にしてみてください。

[B]からの付点リズムの8小節間は、木管のフレーズ感も一緒に意識してください。
39小節目と43小節目の16分音符は慌てないよう丁寧に演奏をし、全ての音にしっかりと息を入れて聴かせてください。

[D]8〜9小節目はトランペットだけの動きです。最初の実音Cの音程が低くなりやすいことと、下降ラインで音程が下がり過ぎてしまわぬよう、下降ラインの音程を丁寧にとって下さい(とくに付点4分音符の実音A)。

[F]9小節目は急いでしまいやすい箇所ですので気をつけましょう。10〜12小節目の2ndトランペットのみ同音のためにスラーが付いていませんが、他の1stと3rdのスラーに合わせたニュアンスで演奏してください。

[I]は、Allegroの箇所と音色のイメージを変えて、暖かい音色と発音で演奏し、優しいブラスアンサンブルのサウンドで聴かせましょう。

[L]では、歌い込みすぎてテンポが遅れてしまいやすいので、スネアのボレロのリズムを聴いてテンポの流れをキープしましょう。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐 和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィルハーモ ニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。 2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、 VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。尚美ミュージックカ レッジ専門学校 非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(元NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。


ツイート