尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

II. 祝典行進曲「ライジング・サン」 (白岩 優拓)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也 鳴らしにくい低いドから始まるファンファーレですが、唇を緩めすぎてビヤ〜ッと唇が広がってしまった汚い音で始まらないよう注意しましょう!
オペラ歌手が低い声を響かせるときのイメージをもって、胸を張って顎を引いて声帯を下げて、胸板に響かせるようなイメージで低音を太く響かせましょう。速い息のスピードは必要ありません。テヌートが記されている音はとくに母音を大切に意識しましょう。
3連符は音が平坦にならないよう、マルカートを意識して演奏しましょう。
日の出の太陽はいきなり全体を現しません。徐々に姿を現して昇って空が明るくなっていく様を冒頭の4小節間のファンファーレで表現できるとよいですね。
4小節目のF-durのハーモニーを濁りのない透き通った純正調の金管サウンドで華やかに響かせられるようアンサンブルしましょう!

5小節目からは、付点4分音符と16分音符とのあいだに軽く「ン」を入れて、「ターータタ」ではなく「ターンタタ」と演奏し、少しアクセントを付けて演奏すると良いと思います。決して平坦あるいは後膨れの音形にならないように気をつけてください。

[B]の5、6小節目の低い音への跳躍は、唇を緩めて下がるのではなく、喉や声帯で下げる意識をして低い音を演奏してみると上手く演奏できます。鳴りにくい低音を無理やり息を入れて鳴らそうとすると、フレーズがおかしなことになってしまいますので気をつけましょう。

[D]からのフレーズにあるスラーの跳躍は難しい箇所ですね。まずはピアノなどの鍵盤楽器で音程をとって、ゆっくり声で正確な音程で歌えるように練習してから、トランペットでもゆっくりから練習してみましょう。広い跳躍では、音を探しながら跳躍するのではなくて、気持ちが先回りして音をそこに迎え入れてあげる気持ちが大切です。しっかりソルフェージュしましょう。
唇の開け閉めに頼った跳躍は危険ですし、スラーでは間に他の倍音が入ってしまったりします。息の出口の唇ではなく、通り道の声帯や舌のシラブルで上下行ができるように、音階やリップスラー、跳躍の基礎練習をコツコツと積み重ねてください。

[H]2小節前からの3連符はしっかりと歯切れ良く演奏して、rit.をトランペットパートでバンド全体を[H]へと導きましょう。

[H]からはffですが、クラリネットなどの旋律の音量を追い越してしまわぬように注意し、ユニゾンの音程を合わせることに注意しながら冷静に演奏しましょう。
[I]からは主旋律を和音で受け持ちます。明るく華やかなハーモニーと音色でクライマックスを高らかに演出しましょう。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐 和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィル ハーモニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。東京ミュージック& メディアアーツ尚美非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。


ツイート