尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

III. 復興への序曲「夢の明日に」 (岩井 直溥)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子岩井先生の久々の課題曲は、やはりポップなリズムとおしゃれなハーモニーの曲ですね。
音符の吹き方やリズムの取り方は、考えるより歌ってみるのが一番だと思います。4・5小節目は何も書いていませんが、長い音はマルカート、8分音符はスタッカートです。
[A]からのAltoクラリネット・Bassクラリネットですが、4拍目の4分音符にテヌートが付いていますね。勘違いしやすいのですが、テヌートの吹き方は、音を保って、ただし音と音の間に少し隙間を空けるのが約束です。ベターッと全てが繋がらないように気をつけてください。[A]の5小節目アウフタクトからは、美しいハーモニーでサクソフォーンのメロディを包んであげましょう。
[B]の4小節前のようなグリッサンドはポップスによく出てきますね。だいたい5度ぐらい下の音からずり上げるのが一般的ですが、やりやすい音からでかまいません。[B]の2小節前のグリッサンドも途中の音ははっきりした音階ではなく適当でかまいません。ここで大切なのは、次の音に向かう息のエネルギーです。指に気をとらわれて息が入らない…ということのないよう気をつけてください。ラストも同じ事が言えます。
[B]の3・4小節目、7小節目はリズミックにコンパクトに演奏しましょう。タイの音もスタッカートでいいでしょう。
[C]からは、テヌートが付いた4分音符以外は短めに演奏すると軽さが出ると思います。
[E]のAltoクラリネットは大事な合いの手ですね。最初の音をテヌートで演奏すると感じが出ます。全員Fの1小節前の1・2拍はサクソフォーンのメロディーをよく聴いて合わせてください。
[G]の1小節前は深い息を使って、特に最初のB♭の音をテヌートで深く吹き込むと跳躍がきれいにいきます。
[H]からのEsクラリネット・1st、2ndクラリネットは、強すぎなくていいので16分音符を軽やかに演奏しましょう。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会に出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。