尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

III. 復興への序曲「夢の明日に」 (岩井 直溥)

パート別ワンポイントアドバイス(ユーフォニアム編/講師・齋藤 充)

齋藤 充 冒頭
フォルテと指示されていますが、木管楽器のアーティキュレーションをまねすることも考えてみましょう。特にスタッカートの明るさと軽さは木管楽器からヒントを得てください。この曲は付点のリズムが特徴ですので、はずむ感じを忘れずに演奏しましょう。決してテヌートだけの棒吹きにならないように。特に長い音符を吹いている時には他の大切な動きがあるので、それに耳を傾けて思いやりを持って吹きましょう。

[A]
ホルン4パートとの音色や音量、音程の合わせを考えて演奏してください。18小節目3・4拍目ではトロンボーンらしい立ち上がりのよい発音を。23小節目からはユーフォニアムだけが単独の動きをしているので、みんなを包み込むような響きで。

[B]
トロンボーンとのブレンドを考えて練習してください。マーチなので、マーチにふさわしい音の頭を意識しないとホールで遅れて聞こえてしまいます。音の頭と音の形を意識して演奏しましょう。

[C]
あくまでもメゾフォルテなので、柔らかい音色でぶつけすぎずに。でも、43小節目ではシンコペーションのリズムの面白さを。44小節目の16分音符のパッセージではリップスラーが必要になります。速いリップスラーの練習を忘れずに。

[D]
ここでも、長い音符を吹いている裏で動きがあるということを忘れずに。

[E]
ムードのある暖かい音色を選びましょう。決して直線的な攻撃的な音色にならないように。16分音符がすべってしまわないように、それぞれの音を強調して演奏してください。

[F]
低い音から始まるので不明瞭に入ってしまいがちです。拍を予測して最初の音をきちんと狙うようにしましょう。ここでも、長い音符を吹いている間の思いやりが必要です。

[G]
最初の4小節間はメロディとメロディをつなぐ役割を担っています。音楽をつなげてあげるような方向性を感じて演奏しましょう。

[H]
Show Music Styleとあるように華やかな音が求められています。トランペットの華やかな音色にマッチするようにしましょう。また全てのアクセントの音が同じようになってはつまらないと思います。大きなフレージングを考えて演奏する必要があります。音符の意味合いを感じて演奏してください。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【齋藤 充プロフィール】
1977年福島県生まれ。1999年国立音楽大学卒業。卒業時に矢田部賞を受賞。 1999年よりアメリカに留学、2001年ミシガン大学大学院修士課程修了。2001年よりノーステキサス大学大学院博士課程に在学し、現在博士論文作成中。
ユー フォニアムで1998年日本管打楽器コンクール、2003年フィリップ・ジョーンズ国際コンクール(フランス)、2004年レオナルド・ファルコーニ国際 コンクール(アメリカ)のすべてにおいて第1位受賞、トロンボーンでは2002年ニューヨークブラスカンファレンス金管五重奏コンクール第1位、2003 年国際トロンボーンフェスティバル四重奏コンクール(フィンランド)ファイナリスト等の受賞歴を持つ。国内外で多くのソロリサイタルを開催する他、読売新 人演奏会、ヤマハ金管新人演奏会、NHK-FMリサイタル、東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズB→C、アメリカで行われたテューバ・ユーフォニア ムカンファレンス等に出演し、また東京交響楽団、ミシガン大学フィルハーモニーオーケストラ、ミュールーズ交響楽団、ノーステキサス大学金管バンド、各地 のアマチュアやスクールバンド等とコンチェルトを演奏している。ノーステキサス大学在学中には指導助手としてユーフォニアムと室内楽を教える。これまでに ユーフォニアムを三浦徹、渡部謙一、ブライアン・ボーマン博士、フリッツ・ケィンズィックの各氏に、トロンボーンをヴァーン・カーガライス、トニー・ベイ カー、デヴィッド・ジャクソンの各氏に師事。
2006年10月より日本に帰国してソロ活動の他、侍Brass、吹奏楽やオーケストラのエキストラ、室内楽演奏、管楽器と合奏の指導等で活動している。現在、尚美ミュージックカレッジ専門学校、国立音楽大学、国立音楽大学附属高等学校非常勤講師、KEI音楽学院講師。


ツイート