尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

III. 復興への序曲「夢の明日に」 (岩井 直溥)

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・渡辺 泰)

渡辺 泰変化に対応できる表現力とバランス感覚が求められる曲ですね。元来、自由で個々のソリスティックな表情が求められる曲だとは思いますが、Tuttiでのビッグバンドのような厚みのあるハーモニーや音の"出"だけでなく"止"に対する統一感にも神経を使いたいです。
また、非常に細かくリズムやスラーを使い分けていますので、正確に、しかしテンポや拍子の持つグルーヴ感は大切に演奏して下さい。少し具体的に書くと、冒頭のメロディは基本はすべての発音を均等にできるように(まずは音高を変えずにリズム練習から)してからスラー、アクセントなどを加えていってみて下さい。

[A]〜[B]はレガートに書かれていますが、ドラムのビートを感じて。また、フレーズのテンションが最後まで失われないように気をつけて下さい。それとグリッサンドは上がりきった音が拍の頭になるようにコントロールして下さい。
あとは細かくなりますが、[C]の1小節前のリズムは3拍目のベース、ドラムの動きを意識して。

[D]5小節目、2拍目の8分音符と[H]9小節目の8分音符、使われ方が違いますよね?
全体を通して拍の頭の8分休符や1、3拍目(強拍)の四分休符など、リズムのテンションをしっかり感じて演奏できるようにして下さい。
(譜例譜例は感じ方が違いますよね?)

また、場面毎に細かくテンポの指示を変えていますが、テンポを単に「速い」「遅い」だけで捉えるのではなく、「軽い」「重い」と考えたり、ベースや打楽器の動き(8ビートや16ビート、4ビートのところもありますね)の変化に合ったテンポを作れるようにして下さい。

個々の主張と協調性、変化の多様性と統一感、相反する事の高度な調和を演奏の中で目指せることを希望します。音を出す以前にそれぞれの部分のイメージをしっかり持つようにしましょう。一口にポップス・ジャズと言っても色々なスタイルの音楽がありまあうよ。吹くだけでなく、そちらの勉強もお忘れなく!

【渡辺 泰プロフィール】
1990年桐朋学園大学音楽学部在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、ソロ・ピッコロ、フルート奏者として活動し現在に至る。新日本フィル等と協奏曲の共演や新作の初演、室内楽、ソロ等の演奏活動も行っている。また、サイトウ・キネン・オーケストラ、スーパー・ワールド・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトオーソ・シンフォニー・オーケストラ等へも参加。オーケストラ、吹奏楽の指揮・指導、レクチャーの講師等、幅広い活動をしている。