尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

III. 復興への序曲「夢の明日に」 (岩井 直溥)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美2小節4拍目の「C」からメロディーなので特に強いアクセントではじめ3小節目まで良く聴こえるように演奏しましょう。7小節4拍目から8小節目いっぱいも同様に元気良く力強く。4・5小節と9・10小節のコードはEuph.と一緒に合わせましょう。12小節目のフレーズは[A]からのトランペットのリズミカルなメロディーに答えるように柔らかい表情で演奏します。15小節以降26小節までのハーモニーでの「B♭」「A(第3音低めに)」「D」「G」の音程が高くならないように注意して合わせましょう。23小節のグリッサンドは4拍目から指を3ではじめると同時に息を増やしながら唇を締めていき上の「As(A♭)」(B管の1番)まで上がります。最初は各自ゆっくりと上にあがる練習をしていくと徐々にコツがつかめるようになります。上のAsには強いアクセントがつかないように注意しましょう。31小節2ndはTrb.Euphとともにメロディーなので強めにそれらの楽器の吹き方を良く聴いてなるべく揃えて演奏しましょう。39、40小節はハーモニーの変化と音の動きがはっきり聴こえるように演奏します。41,42小節の2拍目裏の8分音符に息を少し強めに吹き込み小さいアクセントをつけたようにするとポップスっぽいリズムで聴こえてきます。4thホルンの42小節第4拍目の4分音符は大きめに(一人だけです)吹きましょう。
[D]から2小節間は4分音符4つが滑らかな動きでかつcresc.が聴こえるようにし次のアクセントの小節は一つ一つ短めで重めに演奏します。51小節3拍裏からのグリッサンドはEs(E♭)で始めて1→2+3→1+2→1→0と一気に動かして上のB(B♭)に勢いよく上がります。アクセントをはっきりつけてメリハリのある表現にしましょう。ホルンの聴かせどころです。
[E]以降のハーモニーのピッチと音量のバランスをうまくとりましょう。65小節のフレーズは64小節のスラーの表現に対して力強い強さで受け継ぐことで対比させましょう。
[G]からはEuph.と一緒に動いたりあるいはホルンセクション単独で動いたりしているので舌を強くつき気味にしてアクセントを際立たせましょう。
[H]からはミュージカル調の楽しいフレーズがホルンに与えられています。アクセントを強調しつつ明るく強めに(4分音符をほんの少し短めで演奏すると表情に軽快感がでると思います)。85,86小節はやや重めに演奏するとポップスっぽくなります。音程に気をつけて。実際に声で歌えるようにしておきましょう。85小節の「G」(B管の1+2)86小節の「H(Bナチュラル)」(B♭管の2か1+2の指どちらか正しい音程に近い運指で)101小節ダウングリッサンドは3拍目からお腹の力は緩めないようにして指をバラパラと動かしつつ徐々に唇を緩めてA♭まで下がっていきます。やはり徐々にそれぞれのパートの2拍目の音から下のAs(A♭)に下がっていく練習をしましょう。
最後の小節の最後の音についている縦型のアクセント(アッチェンタート)はアクセント二つ分の強さと重さを表現して(ダ・ダッ・ダー!みたいに)演奏しましょう。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。