尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

III. 復興への序曲「夢の明日に」 (岩井 直溥)

パート別ワンポイントアドバイス(トロンボーン編/講師・奥村 晃)

奥村 晃ポップス要素の強い曲ですので、記譜上のアーティキュレーションだけでは補いきれない音符の長さや形などを追求したいですね。同じようなスタイルの曲を色々聴いて、ノリをつかめるようになるのが一番ですが。
1〜2、6〜7の1stはトランペットと同じ動きですので、ニュアンスを揃えておきましよう。2、7は半音でぶつかっていますが、迷わずに。2nd、3rdは下降形のベースラインですので、音色、バランスともTubaとともにしっかりと。
[A]からはスラーですので美しく滑らかに。ですが、コードの変わり目がモヤモヤっとしやすいので気をつけましょう。14の2拍目裏はややアクセントチックに、クリアに。
18、3rdトロンボーンの動きですが、このあとにも出てきますが、こういったジャンルの曲のシンコペーションは頭の表拍を長く、裏拍を短く、というのが通例です。ので、この場合は3拍目最後から4拍目頭にタイでつながっている音もスタッカートで演奏することになります。
×「たたったーたたっ」
○「たたったったたっ」
ということです。

20、22の3拍目裏の符点8分音符はテヌートで。
×「ぅたーんたんたん」
○「ぅたーーたったっ」
というフィーリングで。

[B]からのメロディーはそれまでのリズミックな感じでなく、たっぷり歌う感じで演奏できると、その前後とのニュアンスの変化が出て良いと思います。
41木管やcup muteのTrp.の動きを邪魔しないように柔らかなスラーで。
[D]は細かい単位でダイナミクス、アーティキュレーションが変化していきます。3人のバランスをしっかりキープしながらそれらを表現できるよう準備しておきましょう。
58からは、このパターンでは何度も言いますが、柔らかくしかし音の移り変わりのタイミングが遅れないように。
61の4拍目から、もちろん音程やバランスは重要ですが、すべてのパートがメロディーのようなつもりでフレーズ感たっぷりに歌えるとかっこいいと思います。
73の1拍目、急いで息継ぎをしなければなりませんが、しっかり和音を感じれるくらい丁寧に。77、3rdのfpは、あまり弾けるような、sfzみたいな感じでなく、Tubaのサウンドをイメージしてゆとりのあるfからのfpになるようにしましょう。 [H]からの、特に4分音符の扱いは難しいところですが、先ほど触れたシンコペーションの真ん中にあたる部分(79-3裏、84-3裏、87-3裏、88全て、89-3裏、90-1裏2裏)は短くするとノリが良くなります。
101のgliss.はまさにトロンボーンのお家芸ですので引いてしまわないよう、しっかり強調しましょう。下り始めのタイミングはバンドでしっかり統一しておきましょう。
102の形も、頭の16分音符は長く、シンコペーションの真ん中は短く。一番最後の音は、付け足されている8分音符のタイが曲の終わりのゴージャス感を出すために付け足されたもの、ではないかな、と思いますので、全体で長さを揃えつつも、派手に吹ききりましょう。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【奥村 晃プロフィール】
長野県立上田高校を経て東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。1995 年安宅賞を受賞して卒業する。同時に 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に入団し、1996年からは財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団に移籍し、現在に至る。これまで、1991年 第8回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門入選、1997年には第14回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門第1位を受賞し、同時に東京都知事賞、文部大臣賞も受賞する。


ツイート