尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

III. 復興への序曲「夢の明日に」 (岩井 直溥)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也 ポップス独特のリズムや発音・ニュアンスを楽譜に書き記すことは非常に難しいですが、リズムに乗って体を動かしながら歌ってみるとイメージがつかみやすいと思います。

この曲で一番大切なのはリズムです。土台となるリズムがバンドをしっかりと主導するために、出来ればドラムセットは中央にセッティング出来るといいでしょう。極端な話、ドラムセットが舞台下手端でテューバとベースが舞台上手端なんていうセッティングでは、リズムがバラバラになってしまって、中央に位置するトランペットは「どっちに合わせればいいの?」と迷うことになってしまいます。
ドラムを中心にテューバやベース、金管が近い位置でリズムをガッチリと合わせることがまず重要です。
ちなみにシエナ・ウインド・オーケストラや東京佼成ウインドオーケストラでは、ドラムセットが入る曲では舞台中央のトランペットの前にセッティングしていますので参考にしてみてください。トランペットパートをはじめ、バンド全体のリズムが非常に合わせやすくなりますよ!

1と6小節目の3拍目のスラーは、軽く舌をついて裏拍も見せるとビート感が出せます。クラシカルな解釈の「4/4拍子だから強弱強弱・裏拍は軽く」ということは忘れて、全ての音符をはっきりとクリアに演奏しましょう。

[A]のメロディーですが、ポップスっぽい吹き方の一例として、音の長さとブレス位置、区切りカンマを赤で書き記してみました。
譜例1

発音は、[A]「ターーンタンタン」というように「ン」の余韻が入るクラシックスタイルの発音ではなく、「ダーーーダッダッ」と舌で短く切る発音で演奏するとよいでしょう。

20、22小節目の付点八分音符にはテヌート、二つの八分音符にはそれぞれスタッカートです。
[B]の四分音符はテヌート、八分音符はスタッカートです。

[C]一小節前は3拍目で音を切って、裏拍のfzを引き立たせるとよいでしょう。

以上のように、活き活きとしたビート感を表すには音の長さや切りなど細かいニュアンスをどうすればよいか、このあとの箇所も同様にみなさんで考えてみてくださいね。

「この音は長くつなげようか?」
「この音は短く切った方がいいよね!」
「この伸ばしの音は4拍目の裏で揃えて切ろう!」
「このゆっくりなところは皆でビブラート多めにつけようか?」
などなど…。
そうやってニュアンスをみんなで考えて作ることもポップスの楽しいところです。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐 和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィル ハーモニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。東京ミュージック& メディアアーツ尚美非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。


ツイート