尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. エンターテインメント・マーチ (川北 栄樹)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子軽やかで楽しいマーチです。[A]からはクラリネットがテーマを演奏しますが、1・2小節目の8分音符は

(1) 息が次の1拍目に向かっていること
(2) 音符が短く切れていること

の二つが大事です。そして3小節目はレガートで音が繋がっていることを意識してください。つまり、1・2小節目と3・4小節目の表情を変えるということが大切です。4小節目のEsクラリネットは、音型どおりに“うねり”を付けていいと思います。
[B]からのAltoクラリネットは美しいレガートで演奏しましょう。ただし5・6小節目の8分音符はメロディーラインに参加しますから、スタッカートで歯切れよく。
[C]からのAltoクラリネット・Bassクラリネットは、一つ一つの音を固くしっかりアクセントを付けてください。そして[D]の前4小節間は柔らかく可愛らしい表情で。また[D]からは勇ましい表情に戻ります。音符の吹き方の変化が大切ですね。Esクラリネット・B♭クラリネットの皆さんも、[C]の6小節目で1拍目と2拍目の音符の表情の変化に気をつけてください。
Trioは[F]アウフタクトのB♭の音を十分にテヌートで、温かく深い息を送り込んでください。メロディーは4拍目の付点のリズムを揃えたいですね。[G]からのAltoクラリネットの対旋律はとても重要です。こちらもレガートを意識して思い切って主張してください。
[I]からは音域が低くなりますが、pでも音の輪郭がぼやけないように、軽やかに演奏してください。表情は[A]と同じです。
ラストから2小節前のBassクラリネットは難しいですね。最初の音までff、1拍裏からsub.p、最後の音はまたffというめまぐるしい音量と表情の変化をちゃんと付けてください。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会 に出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第 63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。