尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. エンターテインメント・マーチ (川北 栄樹)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美第2小節目3拍目裏からの16分音符2つと4分音符は特に強く息を吹き込み舌を強く突きはっきり演奏します。タイは次の小節までかかっているので余韻が次の小説の最初にかかるように演奏します。
ホルンセクションのバランスは全体的には強く聴こえつつ上と下のバランスが対等か下がやや強く聴こえるように、また正確な音程に揃えておきましょう。2、4番の音程のコントロールに特に注意しましょう。F管を使ったほうがピッチも音も良いと思います。
[A]から[B]いっぱいにかけてのあと打ちは一つ一つの和音を伸ばして響きと音程、音色合わせをしてそれらが8分音符で演奏しても和音が聴こえてくるように演奏することを目標にしましょう。長めに吹くより丸い形の音で短めの余韻がついた形になるとメロディのテンポ感に近づくと思います。実音B♭、Gは正しい音程をキープするように、また実音Dは第三音なので低めに(ホルンでは上がりやすい音なので唇を緩め気味にするか手をややかぶせてコントロールできるようにしていきましょう。間違ってもB♭管の3番など押さない事。音色が悪くなります)。
また3番パートに比較的よく出てきます実音Cはこの部分ではF管の0で演奏しましょう(使っている楽器がB♭シングルの場合は親指+2+3で演奏します)。19小節目のリズムはこの部分のフレーズの締めくくりにスネア・ドラムとともに楽しいノリノリな感じを与える役目があるので歯切れの良いリズムとセクションのハーモニーを聴かせる様に演奏しましょう。26小節から出遅れないように拍のカウントを23小節あたりから1・2・3・4・1・2・3・4・1・2(ここでブレス)で26小節に入るというように頭の中の数え方をパート全員で揃えることがスムーズに入る秘訣です。実音B♭とGの音程が上がってしまわないように気をつけましょう。29小節目2拍目はテヌート(充分な長さで)です。口で歌うと「タン!ター・タン!」っていう感じに聴こえるといいかも。
[E]から1・3番ホルンの動きは実音B♭・G・Fの音程が高くならないようにまずピタリと揃え、同じ動きをしている他のパートと合わせていきましょう。44小節の8分音符は43小節3拍裏からの他のパートの長さに揃えましょう。
[F]からはEs-Durになるので実音EsとB♭は決められたピッチどおり、実音Gは第3音なので低めにとります。[F]の3・4拍のようにB♭とA♭がぶつかっているところはぶつけ方(音程と音量のバランス、音色)を揃えることが大事です。65、66小節の音程とcresc.のやり方を揃えてからFluteセクションとアンサンブルしましょう。
[H]から16分音符の粒が良く聴こえるようにはっきりと強めに演奏出来るようにお腹の息の支えとタンギングのタイミングを揃えて確実にしておきましょう。75小節第4拍目からのホルンセクションの「見せ場」であり作品の表現に一段と華やかさを加える「聴かせどころ!」グリッサンドは下のB♭をまずしっかり吹いてすぐ上に上がっていく訳ですがその際指を適当に「パラパラ」と動かし唇を締めていき空気のスピードを急激に速くしていきます。まずは4分音符1拍分でゆっくりめに上がる練習を重ねて「徐々に」上がっていく方法をつかんでみましょう。ゆっくり出来るようになったら上がる時間を短めにしていき唇の締め方や息のスピードの変化を次第に早めていくようにします。途中の細かい音には音の制約はありませんが連なって上に上がるということと目標はこの曲のテンポで最後の8分音符1つ分で一気に細かい音をなるべくはっきりと聴かせながら上がれるようにしていきましょう。
[I]から[J]までのあと打ちは実音B♭とG(この音は第3音なので低め推奨です)の音程が高くならないこと。
[J]からは実音B♭とG(根音なので上がらないこと)105小節のリズムは19小節目と同様です。曲最後の小節第2拍目あたま8分音符は短くはっきりと。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。


ツイート