尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2013年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. エンターテインメント・マーチ (川北 栄樹)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也 冒頭の八分音符は転ばないよう一音一音をしっかりと演奏しましょう。2小節目の八分休符はしっかりと「演奏」して二拍目に飛び込まないように気をつけましょう。

[B]の一拍目の八分休符も同様にしっかりと「演奏」して裏拍の八分音符をしっかりと揃えたいですね。ただし、sfと∧が付いているからといって乱暴な発音にならないよう、アタック・音色・音程への配慮も忘れずに!シンバルとリズムをしっかり合わせましょう。
メロディーを聞いて合わせるのではなく、バスドラムとスネアのリズムを「身体で感じて」合わせましょう。

[C]では金管を中心としたffのサウンドと全体のリズムアンサンブルがチェックポイントです。トランペットとしては乱暴な発音にならないことと、八分音符で転ばないように気をつけましょう。ffですが3パートユニゾンなので、一人一人が吹き過ぎないよう音とリズムを合わせることを優先してください。

48小節から[F]へのところは、変ホ長調への転調へ向かって音程をとくに大切に演奏しましょう。

[H]のソのオクターブは、いい音色と音程で確実に合わせたい重要ポイントですね!
2ndと3rdが倍音の多い響きで土台を作り、1stが綺麗に乗っかるバランスで、華やかで伸びやかなファンファーレを会場に響かせましょう。

パート別ワンポイントアドバイス"動画編"

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィル ハーモニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。東京ミュージック& メディアアーツ尚美非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。