尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

I. 最果ての城のゼビア (中西 英介)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子作曲者自身が語るとおり、この曲は映画で使われるような雄大でストーリー性のある曲想になっています。自分達で「ここはどんなシーンなのか」など考えてみるのも良いかもしれませんね。
冒頭の6連符7連符は、全ての音をしっかり鳴らすイメージで、縦の線も揃えましょう。7連符は3と4に分けると揃えやすいと思います。
[A]から8分の6拍子が始まります。フレーズがどこに向かっているかを考え、大らかに歌ってください。大きな2拍子に乗って細かい3連符が吹けるとリズム感が良くなりますよ。そしてここのバランスですが、上のパートが1st、2nd Cl.、下のパートが3rd Cl.だけなので、3rd Cl.は強めに鳴らしたほうがバランスが良くなると思います。
[B]の4小節前は、高音木管の音が聞こえてくるようにしっかりデクレッシェンドしてください。
[C]の5小節前はパートによってリズムが違いますが、拍の後半で集合するように書かれています。全員が正しいリズムで、16分音符全て吹いているイメージで吹くと揃いやすくなります。[C]の4小節目の1st Cl.のソロは、最初の「ミ」に深く吹き込む感じで。その後の1st、2nd Cl.はpiù fになったのが分かるように、言葉を言い切る感じで吹きましょう。
[D]からは指定テンポがかなり速いですが、もう少し落としても差し支えないと思います。ただし、緊張感やスピード感を表現できるテンポ設定は必要です。
[E]は書いてある通りのアーティキュレーションが望ましいですが、もしどうしてもタンギングが追いつかず重くなってしまうなら、「ターンタラ・ターンタラ」という風に16分音符から8分音符にスラーをかけてもかまいません。スピード感が失われないように曲想重視で演奏してください。
[I]はできる限り短いスタッカートで。ここはアーティキュレーションを必ず守ってください。つまり、16分音符から次の8分音符まで勝手にスラーをかけてはいけません。
[L]の3小節前からの2分音符は、メロディーをよく聴いてフレーズ感(どこに向かっているか)を合わせてください。[L]の細かい音符は、最初の8分音符をかなり強調して。長めに吹くと感じが出ると思います。
[M]からは、音程を合わせるのはもちろんですが、発音や音の表情なども揃えましょう。とにかく柔らかい音色で、発音にアタックが付かないように気をつけてください。

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会に 出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。