尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

I. 最果ての城のゼビア (中西 英介)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美4〜6小節目はものがたりのはじまり「むかしむかし・・・」のような雰囲気のする音や演奏を目指しましょう。4、5小節目2拍目最後の音符の終わりまで正確にクレッシェンドします(早めに強くしすぎてしまわないこと)。
6小節目は3拍目の8分音符2つの音符のスラーに充分に息を入れ減衰してしまわないように演奏し、実音の「C」はB♭シングル以外の楽器を使っている場合はF管の0で演奏し(B♭シングルの場合は2・3・4番のレバーを押さえる)、響きのある音色をで演奏してみましょう。他の音はB♭管で。
10〜12小節は12小節3拍目の2つ目の音に息を入れ気味にしてやや長めにし13小節頭の音をしっかり決める感じに。14小節は金管のハーモニーの一番上のパートを受け持っています。動きが埋もれてしまわぬようにバランスを築き上げ音を合わせましょう。
23小節目のクレッシェンド2拍目にはっきり目にすると効果的です。それと23、24、27小節の入りのタイミングが遅れないように最初ゆっくりのテンポの練習時には8分音符単位で自分の頭の中でカウントして入るようにし、テンポが上がってきたら1小節を2拍子でとって入れるようにしていきましょう。
28小節目からは16分音符をかなりはっきり強く発音する(音を出す時間は短いがその瞬間の息の量はたくさん一気に吹き込む)練習をして聴こえるようにしていきましょう。付点8分音符と16分音符との間に紙一枚分くらい間を空けると発音が聴こえ易くなります。最初はゆっくりと8分音符単位でメトロノームを掛け練習していき次第にテンポを上げていきましょう。
39小節は各パートとも40小節に跳躍した際音程が高めにならないよう口の形の変化を素早く出来るように注意した練習をしましょう。
44小節目のritenutoの速度変化と45・46小節目の速度の変化は8分音符単位でカウントしながら徐々に変化出来るようにpoco accelelandoしつつcrescendoも含め音一つ一つをていねいに練習していきましょう。
51小節目からは4小節単位でリズム感・フレーズ感・音程・バランスを揃えていきましょう。アクセントと強弱の変化を正確に表現しましょう。67小節、81小節の4度・5度の跳躍はむかしの戦いのラッパの合図です。勇ましく演奏しましょう。72〜81小節の8分音符のアクセントをはっきりと吹きリズム感を出しましょう。 93小節目からの1・2と3・4番パートの4度、5度の音程をうまく保ちながらリズム感を出すように練習していきましょう。[H]から各声部のメロディーの追いかけっこが均等によく聴こえてくるようなバランスをとるようにしましょう。
117小節は16分音符に充分に息を吹き込んで音が聴こえるように演奏します。
140小節目1・3番、2・4番パートの音程をまず合わせたのち1・2、3・4番同士の増4度音程をtrb.と共に合わせまししょう。
158小節目から最後までは柔らかいタンギング(ドゥ)で柔らかく静かで落ち着いた雰囲気に演奏できるようにしてみましょう。

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。