尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

I. 最果ての城のゼビア (中西 英介)

天野正道先生・佐藤正人先生・渡辺由美子先生による鼎談

佐藤:天野先生、スコアから見て印象はいかがですか?

天野:スコアからは、ゲーム音楽的というかスクリーン音楽のように感じられます。情景がイメージしやすい反面、場面転換が多い、という点で統一性が希薄になりやすいので、どのようにまとめるのかという課題があるけれど、基本的には聴いていて楽しく、わかりやすい曲と言えます。

渡辺:6/8から、テンポが速いので打楽器はテクニック的要求が多いです。ティンパニは音替えが多いので、大変かもしれません、Tom.は、2つの楽器のチューニングも大切ですね。Tamb.はある程度テクニックが必要です。特に♩.=132でシングル(片手)での演奏は、厳しいかもしれません。膝に乗せて、ダブル(両手)でやるのかを含めて奏法を考える必要があります。

佐藤:セッティングはいかがですか?

渡辺:Tamb.はS.D.のとなりが良いかもしれません。S.D.のパートに合わせCymb.が出てくるので、移動も考えなければならないですね。

佐藤:鍵盤楽器はどうですか?

渡辺:Vib.の分散和音はソリスティックな感じです。Glock.もソロのような部分、ハープや琴のイメージですね。Xylophoneもテンポが速めなのでテクニックが必要です。Tam-tamへの移動を考えないと。特に中学生くらいの生徒が演奏する場合、技術的に大変かもしれません。Xylo.、重音の部分は、利き手でないほうを特によく練習しましょう! 曲のテンポで基礎練習すると良いと思います。

佐藤:そうですね。打楽器は、チューニングも大事ですね?

渡辺:はい。Tom.のパート2つの楽器のチューニングも大切。ヘッドのチューニングはTom. Timp. B.D.のピッチがなるべくかぶらないように。Tom.は右手側に高音、左手側に低音でセットすると良いです。Timp.の音替えは、半音など取りづらいので、しっかりと確認する必要があります。打楽器全体としては、曲を歌いながら演奏できるようにすると、管楽器とアンサンブルしやすくなります。もし中学1年生のような初心者が担当するなら2番パートが比較的やりやすいかも…。

佐藤:では初めから見ていきましょう。[A]までがイントロです。

天野:d-mollだね。調号はフラット2つだけれど。

佐藤:木管の駆け上がりは、音量をあまり落とさず、全体はfpのクレッシェンドもあるので、6連符が聴き取れるように。a tempo、più lentなどテンポ設定や指揮もポイントです。8分音符のアクセントは、ハーモニー感も出せるように、ある程度の音価を保って。和音に聴こえるように吹きたいですね。

天野:始まり方が和風、Hrn.にスポットがあたっているが、あえてEuph.は重ねていないのが珍しい。

佐藤:作曲者がHrn.吹きだからですかね。

渡辺:どうりで!

天野:[A]の前、8分音符Hrn.からTrp.に受け継ぐ時に、減衰しないように。fpとクレッシェンドのカーブを考えないとメロディーが消えてしまう。

渡辺:B.D.からSus.Cymb.の持ち替え、Glock.からTam-tamの移動など大変な部分はパートを組み替えてもいいかもしれません、人がいるのであれば。記譜どおりの書き方だと前列後列1つずつSus.Cymb.が必要。Tamb.やS.D.は管楽器と同じ場合や重なっていない場合もあるので、管楽器のリズムも正確じゃないと打楽器と合わない。Tamb.を膝に置いてやるなら、最後のクレッシェンドだけ手で持ってロールするといいですね。

佐藤:メロディーが楽器により聴き取りづらくならないよう注意したいですね。この曲は、St.Bs.が重要ですね。S.D.との掛け合いも結構難しい!

天野:はい。Timp.のロール、頭はTubaがいないのでたくさん聴きたい(木管のハーモニー中心)。6/8のリズムの処理をマーチやギャロップ風にするのか、あまり跳ねないのかで解釈が分かれるところ。

佐藤:Andante con motoからは、Andanteだけど遅くしないくらいの意味合いでよいのでは?

渡辺:W.C.は上から下。Timp.の人がやってもいいかもしれない。

天野:映画音楽的なので、打楽器の効果音がとても大切です。

渡辺:[B]のS.D.でrimの指定はリムショット。あまり大きく叩かず、音色で変えられたら良いですね(ヘッドに片方のスティックをつけてもう一方で叩く奏法)。Sus.Cymb.は音の長さを工夫。他の打楽器も、例えば山型アクセントの時の残響の処理を考えるように。

天野:この曲、全曲通して山型アクセントは短くなりすぎず、強調されているようなイメージで書かれているのでは? そうだとすれば記譜の仕方も納得。

佐藤:42小節目のCl.ソロはcresc. moltoとぶつかるので聴こえなくなってしまうかも知れません。

渡辺:39小節目はS.D.のリズムが難しいです。木管のスケールとつながるのか…? Sus.Cymb.からB.D.の持ち替えは1拍でやる練習を! ここは絶対にB.D.のマレットでやりたい。どちらも音を止める指示はないので、しっかり叩く。綿巻きのマレットなどが良いと思います。

佐藤:Euph.のソロ、Glock.と一緒ですね。[C]の4分音符についている山型アクセントも長め?

佐藤:Cl.のソロ、ルバートの表現をどう作るかは演奏によって変わるので面白そうです。Hrn.やSax.の音の長さが合わないとうまくaccel.できません。指揮者の解釈やテンポ設定が重要です。

渡辺:[D]からはあまり速いとスネアの装飾が入らなくなってしまいそう。

天野:曲想からいったら♩.=126くらいでもいいのでは?

佐藤:そうですね。ある程度のスピードで躍動感が欲しいのだと思いますが。

渡辺:はい、打楽器は[D]はずっとfですが、木管が入ってきたら、少し楽に演奏したほうが良いです。

天野:Trb.1とSax.のラインは主題にも見えるけど、対旋律的です。

渡辺:Xylo.と木管のニュアンスの統一も大事です。Hrn.とTrb.がやっている伴奏と打楽器は、合わせにくいかも…? スピード感を合わせて。

佐藤:S.D.と同じリズムをやるところは、管楽器もしっかりとした演奏を(遅れないように!)。Trp.がメロディーですが、しっかり聴こえて欲しい。ゆっくりから練習しないと変な癖がついて、リズムが転びやすいかもしれません!

天野:[H]までは同じ要素の変形。Trp.の跳躍注意! 音も低めだ…。

佐藤:93小節目のHrn.とSax.にはスラーがついているので吹きわけを。ホルンの余韻のイメージですね。Tom.とHrn.+Sax.とCl.などほかの管楽器とフレージングを合わせて(4小節ずつ2+2)。

渡辺:Tom.は重音に体重をかけすぎないように。転調から6/8の第2部的な108小節目のところはTimp. Tom. B.D.のチューニングがぶつからないように。ヘッドのチューニングは特に大切です。Tri.のロールクレッシェンドはあまりやりすぎるとFl.も音域が低くてかき消してしまうので、倍音を増やす感じで。ここのTamb.はテクニックが少し難しいのと、Xylo.は利き手ではないほうの手を練習しましょう。刻みと低音のテンポ感が合いにくいですね。

佐藤:はい、121小節目のCl.はTrp.と一緒で聴こえるかな…? [J]はインパクトがありますね。

渡辺:C.Cymb.も121小節目が頂点です。

渡辺:難しいリズムには言葉を当てはめて練習をすると良いですね! Tom.のチューニングはAs、DesくらいがTimp.とぶつからないと思います。W.C.をXylo.の人がやってTam-tamをCymb.の人がやれば移動は大丈夫かもしれません。

天野:Tam-tamの余韻で管楽器dim.聴こえるかなぁ? [L]の強弱は歌う感じですね?

渡辺:Xylo.のカンッ! は印象的! ppのTimp.ロールはMサイズにするなど、小さめのサイズで響きを出して。Vib.のアルペジオは4本持ってやらなくても、2本で大丈夫。琴のような感じですね。

天野:Vib.は、コンサート用楽器でないと(教育用だと)最低音がないかな?

渡辺:はい。Glock.がメロディーですね。

佐藤:Cl.は聴こえるように。笙のような感じでしょうか。Ob.のDのトリル、ppは難しいですね…Glock.からTrb. Trp.に受け継がれるフレーズは2拍ずつで歌う感じで。

渡辺:ラストの打楽器<>も響きの量で演奏したいです。

佐藤:そうですね、先生方ありがとうございました。


ツイート