尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

I. 最果ての城のゼビア (中西 英介)

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・本間千也)

本間千也

この曲に頻繁に登場するのリズムの吹き方を合奏全体で揃えることがとても重要ですが、1つ目の付点8分音符は強拍のアクセントを感じさせるスピード感と付点分の長さ(後押しせずに)で演奏し、3つ目の8分音符は短めに演奏するとよいでしょう。

[D] 2小節前のクラリネットと一緒のフレーズですが、スコアを見るとわかりますがクラリネットのダイナミクスはpiu fでトランペットはmpです。小声ではっきりと喋るようなニュアンスで演奏するとよいでしょう。G.P.で慌ただしくミュートを外さなくてはいけませんが、ノイズをたてたりミュートを落とさないように気をつけましょう。

Allegro vivo以降のは、シングルタンギングで演奏するのがなかなか難しいですよね。ダブルタンギングを使って、「ターンタカ」の発音で演奏できるように練習をしてみましょう。

[J]の5小節前からの2拍3連のリズムを正確に演奏できるように譜例の練習をしてみましょう。

最後のミュートでのフレーズですが、トロンボーンからスムーズにバトンタッチが出来るといいですね。トロンボーンがフレーズの終わりやブレスで遅くなってしまわぬよう、トランペットの入りが慎重のあまり遅れてしまわぬように注意して、インテンポでスムーズな引き継ぎのアンサンブルが出来るように練習しましょう。

最後の部分の「空虚五度」という透明感のあるハーモニーを、ミュートを装着した状態で美しく演奏したいですね。ミュートが大きく凹んでいたり、コルクが取れてしまっていたり、ミュートのメーカーや素材がバラバラなようでしたら、可能でしたら良いミュートで揃えたいですね。
ストレートミュートにも沢山のメーカーと素材の種類がありますので、楽器屋さんで色々と試してみて、音程の変化が少なく好みの音色がするミュートをぜひ選んでみて下さい。場面的には、アルミ素材の明るく華やかな音色よりも、コパーやプラスチック、合成樹脂、籐などの落ち着いた音色の素材が好みです。
ちなみに、東京佼成ウインドが参考演奏で使用したミュートは、トムクラウンのGEMINIのコパーで揃えました。音程の変化が少なく、落ち着いた音色で、高音から低音までムラなく鳴らせるミュートをお勧めします。

譜例:リズム&タンギングの練習(PDF)
譜例:ハーモニーの練習(PDF)

【本間千也プロフィール】
1970年新潟県佐和田町(現:佐渡市)生まれ。13歳でトランペットを始める。佐 和田中学校・新潟県立佐渡高等学校・東京コンセルヴァトアール尚美(現:尚美ミュージックカレッジ専門学校)卒業。尚美在学中、東京ジュニアフィルハーモ ニックオーケストラに入団。1995年、アジアユースオーケストラのツアーに参加。
1997年、シエナウインドオーケストラに入団。 2007年6月~2008年3月、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別契約団員。2009年1月、東京佼成ウインドオーケストラ入団。
他 には、 VIVID BRASS TOKYO(ブリティッシュスタイル金管バンド)、THE BRASS(金管8重奏)などの室内楽、ミュージカル、オーケストラ客演、ソロ活動、スタジオ録音などの多彩な演奏活動を行っている。尚美ミュージックカ レッジ専門学校 非常勤講師。神奈川大学吹奏楽部、青山学院大学学友会吹奏楽バトントワリング部トランペットトレーナー。
トランペットを杉木峯夫(東京芸術大学教授)、津堅直弘(元NHK交響楽団首席Tp奏者)、Edmund Cord(インディアナ大教授、元イスラエルフィル首席Tp奏者)の各氏に師事。室内楽を、稲川榮一(Tuba奏者)、佐野日出男(Tuba奏者)の各氏に師事。


ツイート