尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

II. 行進曲「勇気のトビラ」 (高橋 宏樹)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美8分の6拍子とは1小節に8分音符が6個あり、3つづつの小さな3拍子の固まりが2組ありそれが大きな2拍子に聴こえるように演奏します。3拍子を感じながら大きな2拍子で演奏するといった感じでしょうか。声に出して実際うたえるといいですね。それから一つ一つのハーモニーのピッチとバランスと音の粒の吹き方を揃え良い響きのハーモニーがたとえ8分音符単位になっても明確に聴こえてくるような音作りを心がけましょう。
実音CはなるべくF管を(B♭シングルホルンの場合は2・3・4番を押す)使い、練習時は(B♭シングルホルン以外は)すべての音をF管で吹いてみて音の厚みや音色をつかんでいきB♭管を使っても出来るだけF管のような音がするようになるといい感じに聴こえるようになってきます(ハーモニーの音質感や音色感の向上)。
リズムは手拍子に合わせ「語呂合わせ」(他の言葉に替えてリズムに当てはめて歌ってみること)でやってみるとリズム感がつかみやすいし皆の感じ方が揃い易いです。例えば第5〜6小節を例に挙げると「トッタ・タタタ・トッタ・トッタ」となりそれでリズム感がつかめてきます。但し気合いを入れて本気で大きな声でしっかり歌わないとリズム感の正確さが出ませんので要注意です。
実音G、B♭、Aなどの音程が上がりやすいのでつねに注意しながら練習しましょう。
25小節目からは余りはっきり発音し過ぎてテンポ感が無くならないように注意しスムーズな流れになるようにしていきましょう。36小節〜40小節、65小節〜74小節も何のコードかしっかり聴こえるような音作りを目指しましょう。その為に一つ一つの和音を伸ばして耳と身体で全体の響きを築き上げてから楽譜の長さでそれが聴こえるようにしていきましょう。
[J]からのハーモニーが解決する82小節の2・4番パート、84小節の1・3番パートの音程合わせていねいにしましょう(同様に後半の12小節〜129小節も同様の練習と調整が必要です)。
86小節〜90小節まで要個人練習です。じっくりと音の跳躍に依る音程のコントロールを自分のものにしていきましょう。[L]と[M]の刻みも和音の変化を正しい音程でコントロールしつつ歯切れの良いリズムを心がけましょう。特に実音B♭とAが高くならないように注意して練習しましょう。

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。