尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. コンサートマーチ「青葉の街で」 (小林 武夫)

パート別ワンポイントアドバイス(コントラバス編/講師・小室昌広)

小室昌広コンサート・マーチという前置きのとおり、行進のためではなく、演奏会場のための作品となっていると思います。楽曲としては歩くことを想定せず、旋律が心地好く歌えるテンポを作るとよいでしょう。 2小節目に意外な和音が現れて、この曲が何の調であるかを見失います。この驚きを強調するべく2小節目の響きを際立たせましょう。この序奏4小節の和音の動きは、9小節目からの4小節に現れ、以後出てきません。

5小節目からのコントラバスの動きは、シンプルな動きの小節と動きがある小節が交互に現れる形です。動きがある小節は次の小節へ向かうように表情をつけましょう。6小節は和音との兼ね合いが難しいです。1つめの音がB♭ではなく、旋律と同じ音になるので、弱めにしてほかのパートのB♭が聞こえるように、2つめの音からメロディーのようなラインを描くつもりで弾きます。そのあとの動きも2つめの音からフレーズを始めるようにしてみましょう。

練習記号[C]からはメロディーを担当します。付点音符のリズムに躍動感が欲しいです。音をべったりと伸ばすことを避けて、鐘のように、響きが解放される音を採用しましょう。

練習記号[E]からはトロンボーンのリズムにあった表情をつくります。つまり小節後半の4分音符は8分音符のように短く跳ねる音にします。スタッカートがあると良いと思います。するとトロンボーンの音が気持ち良くはまってくるでしょう。小節前半の4分音符は響かせることで、トロンボーンが4分音符を響かせる気持ちになります。

練習記号[G]からの和音の動きは、本来は5度下がって4度上がるバス音形が一般的ですが、5度下がって6度上がります。そこで響きがガラリと変わります。そこを強調しながら転調していく様を表現しましょう。

練習記号[H]からは練習記号[E]の場面が違う雰囲気でファゴットのソロを伴います。リズムは同じですが伴う楽器がホルンとなります。これは25小節に既に若干異なる形で現れています。練習記号[E]とはリズムが違います。Tranquilloという表記に添って、歌うように演奏しましょう。

練習記号[I]からは調も変わり雰囲気を一変させます。勇ましくスタッカートで演奏しましょう。

練習記号[J]では、最初の和音進行が違う調で現れます。ここでは曲の終わりの進行として自然に機能しているので2小節目を強調する必要はありません。

【小室昌広プロフィール】
1989年、東京芸術大学卒業。1992年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。コントラバスを加藤正幸、永島義男の各氏に師事。L.シュトライヒャー、F.ポシュタ、F.ペトラッキの指導も受ける。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は 東京交響楽団等で演奏されている。都内すべてのプロオーケストラでの経験をもち、東京ゾリスデンアンサンブル・オブ・トウキョウなどの室内楽団でも演奏する。草津、倉敷、宮崎などの各音楽祭に出演。東京芸術大学及び尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。