尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. コンサートマーチ「青葉の街で」 (小林 武夫)

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・大浦綾子)

大浦綾子軽快でハツラツとしたマーチです。
何度も出てくる冒頭のような16分音符のパッセージは、一人一人がリズム練習などして正確に音を並べておきましょう。
[A]からは清々しいテーマが始まります。歌って吹くコツは、1、3、5、6小節目の1、2拍(4分音符と8分音符)に大らかに息を吹き込むことです。
[B]の5小節目からはマルカートですから、4分音符ははっきりと。
[C]からBassCl.がメロディーを、AltoCl.が対旋律を受け持っています。どちらもマルカートで堂々と演奏しましょう。ここでの8分音符はスタッカートでいいと思います。それに対して、5小節目アウフタクトからのCl.のメロディーがいかに柔らかい表情に変えられるかがポイントです。1、3小節目の跳躍を美しく吹くには、3拍目に向かって息を入れるのが大切です。
[E]からはお決まりのCl.、Sax.によるトリオのメロディーです。良い音でSax.とブレンドさせてください。3小節目の「ラ」の音程は上ずりやすいので注意しましょう。
[H]の1小節前は、2nd Cl.→1st Cl.と繋がってひとつのデクレッシェンドに聞こえたいので、2nd Cl.は強く始めてデクレッシェンドしすぎないようにしましょう。[H]からCl.にとっては嫌な調ですね。特に「ファ♯」や「ド♯」などは音色がキツくなりやすいので、普段からこの調の音階練習などをして、全ての音を柔らかい音色で並べられるようになりましょう。
[I]の1小節前で転調しますから、和声進行を感じて演奏できるといいですね。

【大浦綾子プロフィール】
武蔵野音楽大学卒業及び東京芸術大学大学院修了。在学中、東京文化会館推薦音楽会 に出演。第55回毎日音楽コンクール(現:日本音楽コンクール)クラリネット部門入選。第6回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第2位入賞。 1990年フランスに留学。 1992年パリ12区コンセルヴァトワールを審査員全員一致の1等賞を得て卒業。帰国後、第9回日本管打楽器コンクールクラリネット部門第3位入賞。第 63回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。2001年より東京佼成ウインドオーケストラ クラリネット奏者。