尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. コンサートマーチ「青葉の街で」 (小林 武夫)

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美冒頭からハーモニー、あと打ち、分散と様々な和音の形態が続きます。一つ一つの和音が正しい音程で良いバランス、良い音色で聴こえるように長い音で伸ばして良い音になってきたら次第に楽譜通りの長さで練習していきましょう。
14・16・34小節の跳躍はmfですがやや強めに演奏し次の小節の第1拍目はメロディーと同じように歌い出す音なのでていねいに勢いよく演奏します。
21〜23小節は16分音符をかなりはっきり強めに聴こえるようにして「タッカ」のリズムが明確に聴こえるようにするのと各2拍目の裏の16分音符と2分音符が「タ・ターン」と吹けるように練習しましょう。1番・3番はオクターブの跳躍なので場合によってはやや弱くして2分音符を確実に吹くようにし、2・4番がかなりはっきりと16分音符を吹くようにしたらより確実に聴こえるかもしれません。
25小節目からのあと打ちのリズムは出来るだけシングルタンギングで演奏しましょう。ダブルタンギングじゃないと無理な場合はシングルの人とダブルの誤差をなくしましょう。
36小節のAのグリッサンドは下のAははっきりとした発音で息をスムーズに入れ上のAに上がる直前1〜3番のレバーを動かして途中の音を入れるようにしましょう。まずはゆっくりから音を入れられるようにしていき次第に上がる速度を上げつつ音をいくつか入れるようにしましょう。41・42小節目のファンファーレ調のフレーズは42小節の3拍ですーっと音量を減衰させると効果的です。
57・58の1・2番パートは少し57小節に少しクレッシェンドし58小節でデクレッシェンドしてみると表現が少し生き生きとしてきます。
59〜65小節はまずは一つ一つの分散和音をしっかりソルフェージュして音を覚え声で音をとりながら歌えるようにすること(音源を聴きながら覚えても良いと思います)。2小節ごとにdur(長調)とmoll(短調)の分散和音になっていて次第に調が変わっていきます。それを鮮やかに表現出来るように何度もていねいに練習して自分のものにしていきましょう。[H]いっぱいはファゴットのソロを消さない音量でよく聴きあいながら音楽を作っていきましょう。
76〜79小節までは溌剌とした(元気の良い)リズム感も聴こえるように演奏しましょう。1拍目と2拍目の裏に少しアクセントがつくと楽しく聴こえるかも。

【並木博美プロフィール】
1953年生まれ。武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。現在、東京佼成ウインドオーケストラ、東京アーバンブラス・東京アートノームブラス所属。