尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. コンサートマーチ「青葉の街で」 (小林 武夫)

パート別ワンポイントアドバイス(パーカッション編/講師・渡辺由美子)

渡辺由美子 大太鼓、小太鼓のバランスはもちろん、役割を考えフレーズを感じて一つ一つ丁寧に演奏していきましょう。

楽器演奏の前に、基礎練習を♩=132のテンポで行います。Xylophoneは、16分連符やトリルが出てきますので、練習台で念入りに左右どちらからでも演奏出来るように。また、スケール練習をしましょう。(F、B、G-durなど)S.D.は、ロールと音符の切り替えをメトロノームで練習しておくと良いと思います。


(※PDFファイルをダウンロード)

Timp.は4台(32、29、26、23)ですが、音変えが多いですね。FとGの音、サイズによって音の響きが変わりますので、どの楽器で表現するのか、納得いくまで探求してみましょう(音変えが楽なのは、32インチでF、29インチでGですが…)。それぞれの楽器の低い音は、強奏アクセントでも割れずに音程の心地良い響きで。また、ハーモニーを補うような部分と管楽器の音に輪郭をつけるように演奏し、主導権を握るところを明確に表現しましょう。これは、ほかの打楽器にも言えることですね!

4小節間のイントロは、長い音符が遅く、短い音符が前のめりにならないようにテンポ良く演奏しましょう。B.D.、C.Cym.は、重くならないようにビート良く、管楽器の音の長さを意識して、タイトに演奏しましょう。S.D.とXylophoneは、楽器の前に練習台などでタイミングを合わせてから楽器でアンサンブルしましょう。C.Cym.は、テンポが速いので余動を大きく取り過ぎないように、金管のスピードをイメージすることが大切です。音色を考えながら演奏できるようにしたいですね。
[A]からの大太鼓は、ベースのニュアンスでかつビートが見えるように、四分音符は音の余韻を止めると思いますが、音の響きを止めすぎないように。左手や足でのミュートに頼らずに、タッチ等でも工夫しましょう。
Xylophoneは木管と一緒に練習してから合奏に臨むとアンサンブルしやすいでしょう。トリルは、突出しないように、木管のニュアンスで演奏します。
25小節目からのバッテリーは、お互いのパートを歌いながら演奏しましょう。
39小節目のTimp.は、しっかりとしたリズムで装飾音符にならないよう、三つの音が均等に叩けるようにしましょう。ソロの意識で。バンドにポイントを与えられるように良い音でしっかり鳴らし、次の管楽器の音を引き出すように、勇ましく演奏したいですね。その後のロールは管楽器のハーモニーを超えないように綺麗に奏しましょう。
TrioのB.D.は、管楽器の音の長さをイメージして表現しましょう。B.D.、リズムをクリアに表現することが大切です。音の響きを上手にコントロールし、コンパクトに演奏しよう。マレットを小さくすると扱いやすいですが、音が高くなるので注意が必要です。低音楽器を包み込むような音で表現できると良いですね。
S.D.のロールも滑らかに管楽器のニュアンスに合わせましょう。
[F]のGlock.は、人数の少ない管楽器と対旋律を美しく奏でましょう。
[G]の前のTimp.、S.D.は、ユニゾンが遅れることなく、音量よりもアンサンブルを意識して、タイミング良く演奏しましょう。セッティングは近いほうが良いでしょう。
[G]のC.Cym.は、楽器で演奏の前にリズム練習をします。体の中心(おへその前あたり)でコンパクトに演奏しましょう。
H一つ前のXylophoneは、Cl.とアンサンブルしながらTranquillo ma ritmicoへバンドを導きましょう。B.D.は四分音符ですが、一拍目は低音楽器を包み込むような音で表現し、三拍目四拍目は軽く前進する感じに。革の打点スピードを意識して摘むイメージのタッチで演奏して見てください。リズムが重くならないように、バッテリーはビート良く刻みましょう。
BrillanteのC.Cym.は、明るいサウンドで!刻みはB.D.よりも大きくなり過ぎないように注意しB.D.の流れにC.Cym.が重なっているように演奏します。ここからのS.D.のロールは、テンポ良く、音楽とロールの回転が合うように工夫し演奏しましょう。
[J]からのXylo.は、軽快に演奏します。84小節目は(F、G)ミスプリ?でしょうか。音はFです。
ラストのsffzは、強く叩きすぎて管楽器の音色を消さないように注意してくださいね。ただし、これで終わりですから、良い音でしっかりと叩きましょう。音量よりも音色で決められたら最高です!

大太鼓、小太鼓のバランスはもちろん、役割を考えフレーズを感じて演奏することも重要でしょう。作曲者も、皆さんが心の中で描いた「青葉の街」を思い描くよう望まれていますので、各自がイメージを作って行進曲を作り上げて欲しいと思います。

【渡辺由美子プロフィール】
静岡県富士宮市出身。東邦音楽大学90回定期演奏会にソロ出演し、数々の学外コンクール受賞にあたり表彰を受け、首席で卒業する。1995年、読売新聞社主催第65回新人演奏会出演。東京コンセルヴァトワール尚美(現・尚美ミュージックカレッジ専門学校)ディプロマフレッシュコンサート1995、1996年に出演。静岡においてソロリサイタルを開催。打楽器を百瀬和紀、マリンバを安倍圭子、L.H.スティーブンス各氏に師事。
2002年高知国体音楽講師。2006年度バンドジャーナル誌ワンポイントレッスンを担当。ブレーン株式会社刊行Winds DVD「上達が実感できる“基礎合奏”」、「2007年全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック」「2008年全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック」、ジャパンライム株式会社刊行DVD「中学生バンドの運営と音づくり」、株式会社ユニバース刊行DVD「吹奏楽サウンドアルバム」、各打楽器指導及び監修。2009年第40回日本吹奏楽指導者クリニック(Japan Band Clinic)、同年シモクラドリームフェアの各打楽器講師を務める。2007年自らが主催するDiscussion of Percussion "Q21"では、池野成メモリアルコンサートにおいて「ディベルティメント」を初演、2006年アメリカ・シカゴにて第60回ミッドウエストバンドクリニック(The Midwest Band Clinic)にゲスト出演し絶賛を博する。ブレーン株式会社刊行【Winds DVD】楽器別上達クリニック パーカッション・マスターVol.1、Vol.2、Vol.3、Vol.4、を監修。ねんりんピックよさこい高知2013音楽講師。
現在、尚美ミュージックカレッジ専門学校、尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアール ディプロマ科非常勤講師。東邦音楽大学附属東邦高等学校、埼玉県立松伏高等学校音楽科各講師。Discussion of Percussion "Q21"主催。吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテスト、クラシックコンクールなど各審査員を務める傍ら、1996年から毎年ボランティアコンサートを続けている。
日本打楽器協会理事。日本管打・吹奏楽学会吹奏楽クリニック委員。アメリカ合衆国イリノイ州ネーパービル市名誉市民。ソナー・ドラムス SQ2 クラシカルアーチスト。


ツイート