尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. コンサートマーチ「青葉の街で」 (小林 武夫)

天野正道先生・佐藤正人先生・渡辺由美子先生による鼎談

渡辺:楽しそうなマーチですね。

佐藤:テンポ感、ビート感のあるコンサートマーチ、ポップな印象ですね。でも短い感じかな?

天野:典型的な課題曲マーチ。いわゆる四足のマーチ。演奏時間は?

佐藤:CDでは3分ありません。

渡辺:自由曲の長さに今年は影響ありますね。

天野:5番は6分近くあるし。

佐藤:そうですね、この曲、Bsn.のソロオブリガートがあります。私は初めて見ました。でも楽器のないときどうしましょう…音域は…うーん、Bar.Sax.は、次のソロとつながってしまうし、B.Cl.でもいいけれど、ここは吹いてるし、St.Bs.をしっかり演奏するか、2本使う? Euph.は、バランスが大きく聴こえるのでミュートをつける? 総合して考えると、A.Cl.(持ち替え)が一番おすすめかな。

天野:それかも。編成にある楽器じゃないとだめだし。Bsn.聴こえるかな。打楽器はどう?

渡辺:S.D.のリズムで、たくさん出てくる「タンタカ」はRRLの手順で。Xylo.は♩=132のテンポでこの調でスケール練習をすると良いですね。Timp.は全体的に音域低め。MサイズでAなど、ヘッドのコンディションが悪いとピッチというより音が出ないかも…演奏しながら、他のインチを音替えて出せればよいのですが。

天野:Picc.の音域が低め。Xylo.と同じところ。

佐藤:イントロはポップス系で楽しそう! リズムが転ばないように。木管のスケールは、冒頭と最後の四分音符の響き大事ですね。このテーマが全体を支配しています。4小節目に向かっていくのとdim.の音は素早く(軽く)処理してテーマのアウフタクトにかぶらないように。

天野:そうだね、このリズムで、第一主題もトリオも中奏もシンコペーションで統一感出している。

佐藤:伴奏はフレーズとハーモニー感大事です。低音楽器は、St.Bs.のボウイングを参考にして、音の形や吹き方を合わせると良いです。

渡辺:はい、打楽器もスコアを頭に入れて管楽器とアンサンブルです。全員スコア必須。(一同うなずく)

佐藤:[A]からの主題は、4小節のフレーズで、4分音符の形は長さも揃えて同じにしたいですね。

渡辺:打楽器のアクセントは、ほとんどベースラインと同じなので、ニュアンスを揃えて。ダイナミクスも管楽器を聴いて同期できるようにしたいです。

佐藤:[A]のTrb.は対旋律のイメージではなく、伴奏のハーモニー的ですか?

天野:そうだね。次の[B]は、対旋律は2つ? Cl.3も入れて3つ? 高音木管のオブリガート、伴奏と主題…Hrn.のマルカート、Sax.がスラーになっていて面白い。先に出てくるEuph.とT.Sax.はレガート。

佐藤:主旋律入れて全部で5つのラインですか? Cl.3の動きはそのセクションしか吹いていない![B]後半の追いかける対旋律も大事です。

天野:うん、良い節だね。[C]は主題とSax.とHrn.の対旋律(というよりは伴奏のリズムに似せてあるくらいだけど)も聴こえるようにしたい。25小節目から弱奏になって、長い音が対旋律的。Euph.とT.Sax.。

佐藤:この部分も歌って欲しいです。レガートから[D]に向かってだんだんマルカートに変化していく感じで盛り上げる。音量の設定やcresc.大事ですね。

渡辺:Timp.はソロがあるので(Trio手前)省略できませんね! Glock.の[E]は主旋律で、[F]からは対旋律です。Timp.の人はキーボードや鍵盤楽器で弾いて音程感や音色感を作ってきてから練習を。

天野:[G]の構成は、反復進行2+2+2 c-mollのドミナントトニック、d-mollのドミナントトニック、e-mollのドミナントトニックで[H]が突然G-durになるのは不思議! [H]の2小節前はD-durのドミナントトニックで、そこからG-dur。面白いね。

佐藤:[D]で第一マーチが再現され、[B]と形が変わって盛り上がります。Trioは、とても親しみやすい旋律です。尺が短め? 演奏時間自体も短めですが、あまり感じないです。

天野:マーチの構成やスタイルはしっかり守られているからね。

佐藤:[G]からはSax.とHrn.がメインで、2小節フレーズ。伴奏やオブリガート、打楽器がテーマとのバランスを考えて。ハーモニー感も意識しないと、うるさくなりそう。

天野:そうだね。次がBsn.のソロ。聴こえるかな。

佐藤:フルートの旋律にバランスを取って、Ob.やCl.が吹くと良いと思います。場合によってCl.はパート1本かppで吹くしかないかも。

渡辺:ここの伴奏、セッティング次第では合わせにくいかもしれません。

天野:そうだね。Tranquilloになってもテンポやリズムは緩まず、あくまでマーチで!

佐藤:次のBrillanteからは、ラインが2つからTuttiになる、これは前半にもあったけど、[J]からのコーダにすぐ到着するので、クライマックスへの反応よく。結構あっという間ですね。

天野:うん、めくるめくっていう感じかな。Ⅱより、演奏しやすい感じかもしれない。Bsn.次第。

渡辺:打楽器も管楽器や部分の表現にニュアンスそろえたいです。単調になりやすいので、音色、バランスを工夫して盛り上げたいです。

天野:84小節目のGlock.はスコア誤植かな?

渡辺:パート譜は合っています。

佐藤:たぶん訂正されると思います。そこのブレスの部分、1拍目はマルカートで吹く感じですね?

天野:あまり短いと響きや演奏の流れが止まる。

佐藤:最後、着地の2拍目、sffzでも音が開かないように決めたいです。先生方ありがとうございました。


ツイート