尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

IV. コンサートマーチ「青葉の街で」 (小林 武夫)

パート別ワンポイントアドバイス(トロンボーン編/講師・奥村 晃

奥村 晃冒頭〜
1、2小節目の3拍目の8分休符はちゃんと音符として感じ、リズムをクリアに表現しましょう。4小節目3拍目のタイの音は裏拍からの動きにかぶらないように切りを揃えましょう。

[A]〜
6〜9小節目は温かく柔らかい音色で、それぞれ4分音符は丁寧に納めてください。ただ、音の移り変わりのタイミングは遅れないように気を付けましょう。

[B]〜
短く、軽やかに。まず、それぞれの和音をロングトーンで合わせておきましょう。同じ音の連続でも和音が違っている所がありますので、常にハーモニーを感じながら演奏することが大事です。

[C]〜
力が入ってしまうところですが、リズムは正確にクリアに、かつ、長い音符はしっかりキープできるといいですね。22小節目はブレスのタイミングをしっかり揃えましょう。3拍目の裏に8分休符を入れてしまう、でもいいかもしれません。

[D]〜
[B]同様。39小節目の3、4拍目は短くなりすぎないように。40小節目頭の8分休符でブレスを揃えて、そのあとの16分音符をクリアに入りましょう。3拍目裏からの16分音符はアクセントですが、タンギングをきつく、でなく、一段階音量を上げる感じで次の全音符に向かうと汚くなりにくいと思います。

[E]〜
これもそれぞれロングトーンで音程を合わせてから、ゆっくりなテンポで少し長めに流れで音程がとれるようにしておきます。シンコペーションの4分音符はほんの少し強調して、残りの8分音符は短めに、軽やかに。

[G]〜
2分音符は音価通り伸ばして欲しいですが、動きのパートの邪魔にならないよう、少し楽に。また、同じ和音の小節内で配置が変わる所がありますので、例えばキーボードや他の楽器(できれば中低音)で根音を鳴らしっぱなしにしてもらいながら音を移り変わる練習をしておくと、安定してくると思います。65小節目2拍目裏の16分音符は8分音符で動いている人ときっちり合わせることで16分音符の人同士も合ってくると思います。

[I]〜
16分音符は常に少し大きめに。85、86小節目はタイの8分音符をしっかり感じて、場合によっては8分休符にして演奏すると揃えやすいと思います。他のパートとしっかり打合わせしておきましょう。

【奥村 晃プロフィール】
長野県上田高校を経て東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。1995年 安宅賞を受賞して卒業する。同時に東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に入団し、1996年からは財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団に移籍し、現在に至る。これまで、1991年 第8回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門入選、1997年には第14回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門 第1位を受賞し、同時に東京都知事賞、文部大臣賞も受賞する。