尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2014年度全日本吹奏楽コンクール課題曲のすべて

SHOBI 講師陣による課題曲講座

 

V. きみは林檎の樹を植える (谷地村 博人)

パート別ワンポイントアドバイス(オーボエ編/講師・市原 満)

市原 満冒頭冒頭からオーボエが主役。Ob.1はまわりがffで始まるのでpの指示だけどそれほど発音に気を使わないで気楽に出られるね。1~2拍目表まではノンヴィブラート、2拍目裏でクレッシェンドと共に響きとテンションを加えるヴィブラートを入れると表現しやすい(dolce的なヴィブラートはダメ。もしできなければ、ヴィブラート無しでOK)。
Ob.2の3拍目裏のpは発音をクリアに半音でぶつかるのをしっかり表現しよう。でもアクセントがつかないようにね。Ob.1も2もハーフホールなので、息の圧力はしっかりかけて十分に楽器を鳴らすことがポイント。
Ob.1、3小節目の6連符は「F-D♭-C-B-G-B-C-D♭~」の音形でしっかりフィンガリング練習をしておくこと。
Ob.2、4小節目1は1拍目3連符はmfだけどしっかり聴かせるために大きめで入り、[D]で急激にディミヌエンド。
5小節目、16分音符3連符&6連符は正確クリアに。Ob.2、7小節アウフタクトの「F♯」の音程が上ずるなら、左小指Low HまたはLow B♭をプラスすると良い。
[A]3小節アウフタクトからの6連符や5連符は、最初は8分音符刻みでキッチリ正確に譜読みしておくこと。5連符は2+3で練習しよう。先ず、息の流れをまっすぐ、クレッシェンドもディミヌエンドも無しで練習。そして指示通りのダイナミクスでゆっくりテンポからだんだん速くして、正確にダイナミクス変化をつけられるようにすること。
「D♭-E♭」は必ず左E♭キーを使うこと。この時の「F」はフォークFのフィンガリング。
[B]3小節からの連符も[A]と同様の練習で。「騒音のように」の指示があり、縦の線が合わなくてもOKとのことだけど、正確に符割を表現できないと、自由な流れを作ることはできないぞ!
22小節からのタンギングは短くクリアに。
29小節のフィンガリングは難しい。「D♭-C」は右小指をスライドさせること。「D♭-C-E♭-D」の形で付点などリズムを変えてスムーズに移り変わるようにたくさん練習しよう(「E♭」は左E♭キー使用)。
Ob.2、31~32小節の「E♭」は左E♭キー、「F」はフォークF。
[D]2~3小節はピッコロとE♭クラリネットとユニゾンだけど、オーボエが主役と思ってよい。2拍目裏でf、すぐにディミヌエンド指示だけど3拍目頭まではfのテンションを保つと表現しやすいね。
44小節4拍目「C quarter-tone」は下記のフィンがリングのどちらかを試してみてね。

運指

ラスト81小節、3拍目まではディミヌエンドしないで、3拍目裏からテンションを抜いていくと美しい表現ができる。

この作品はダイナミクスの変化を正確に表現することが大切。フィンガリングをゆっくりから練習するのと同様に、ダイナミクス変化もテンポを遅くして練習すると、それにかかわる筋肉を思うようにコントロールできるようになるはず。

【市原 満プロフィール】

トランペットを北村源三、北川晋、故金石幸夫の各氏に師事。80年東京芸術大学音楽学部別科修了。同年オーボエに転向。似鳥健彦氏に師事した後、81年ドイツに留学。ベルリンでハンスイェルク・シェレンベルガー(ベルリンフィル首席)、ミュンヘンで故マンフレッド・クレメント(バイエルン放送響首席)の各氏に師事。86年帰国後、多数のリサイタル、ソロコンサートを開催。NHK-FMリサイタル出演等ソロの他、木管五重奏団「アマデウス・クインテット」を主宰、活発に演奏活動を行っている。また全国各地で、吹奏楽コンクール、アンサンブル・コンテスト等の審査員や吹奏楽講習会、オーボエクリニックの講師を務める他、「バンドジャーナル・MANちゃんの木管アンサンブルの楽しみ(現在連載中)」の連載等執筆活動も行い、多方面で活躍している。
玉川大学芸術学部講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師、日本オーボエ協会常任理事。

市原満公式ホームページ:http://ichihara-man.com/


ツイート