尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2017年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. スケルツァンド(江原 大介)
<課題曲1>クラリネット編

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・中村めぐみ)

中村めぐみ曲に取り組むと同時に奏法を整え、基礎を見直す時間を常に持つようにしてください。
タンギングのノイズがないか、一つの音の中で音程が動いたりしていないかなど、素材を磨くことは、成功の大きなポイントだと常に思います。

この曲を生き生きと仕上げるうえで、アーティキュレートの滑舌の良さが大きく関わります。

まず冒頭の8分音符は、ハーモニーを確認し、その色が出るよう、短くても響きをつくりましょう。2小節目1拍目の8分音符が詰まらないよう、間に16分休符があると考えてください。

その後軽快なリズムが掛け合いますが、例えば2小節目の3拍目のアウフタクトから次の小節の1拍目に行くときに、1拍目のタンギングが明確に聴こえるよう、繋がってスラーに聴こえないよう丁寧にアウフタクトを処理してください。全てのパートに於いてこれを守りましょう。二つの音がレガートで繋がっていても、後ろの音にスタッカートがあります。これも、極めてクリアに美しく止めてください。

[A]からのリズムも同様です。ハーモニーの確認もしながら、色彩のある滑舌の良い音形にしてください。

[B]の1小節前は、必ず1拍ずつタンギングをして、拍の箱が見えるように拭きましょう。また、[B]の1拍目もクリアにタンギングしてください。
そして、1、2、3拍目の4分音符のスタッカートは、短いですが、一つずつ吹き込んでセパレートさせず、メロディラインのベクトルが見えるように、舌で長さを管理して息圧をキープしてください。そして、4分音符のスタッカートと8分音符のスタッカートが同じ長さにならないよう慎重にコントロールしてください。4分音符のスタッカートがあまりにも短くなりすぎないよう。
4小節目のA.Cl.、B.Cl.は、3拍目よりも4拍目が音量として大きくなるよう作ってみてください。

[C]の4小節前からのハーモニーは、難しいですが、テンポ感が緩んでしまわないよう伸ばし、[C]の2小節前の2nd Cl.の音程が非常に難しいので、まず2nd以外のパートでハーモニーをつくり、ここが整うと自然と2ndの音か鳴るはずなので、そこにはめるつもりで作ってください。

[D]からの4分音符は、おそらくきっちり8分音符8分休符と長さを決めて、息をバウンドさせるとテンポ感と推進力が失われるので、ここも、息圧を弾ませず、舌で長さを管理し、足並みが前に進むよう意識してください。

[E]からの音形は、拍の頭の音が短くなり滑ってしまわないよう、そして最後のスタッカートを確実に作ってください。[E]の2小節目1拍目、3小節目3拍目など、決める音に、調性感が色として出るよう、ハーモニーを確認しましょう。

[G]の3小節前からのハーモニーは、オクターブの関係を透き通らせれば、ほぼうまく行くと思います。

[H]の7小節目の4分音符は、他の4分音符とは明らかに違う、ハーモニーの色を伴った濃いマルカートを意識してください。

[I]からも滑舌の約束は同じです。
2小節目のfpですが、1拍目の間にpが見えるように、全員で、fの時間を揃えてください。

タンギングの美しさや、リズムそのものの躍動がピカピカな演奏を聴けることを期待しています。頑張ってくださいね。

【中村めぐみプロフィール】
東京藝術大学器楽科卒業。第八回ヤマハ新人演奏会、同大学同声会新人演奏会出演。シエナ・ウインド・オーケストラ入団。ほか、オーケストラ、ミュージカルオーケストラ、室内楽、ソリスト、スタジオワークなどで、活動を続ける。東京クラリネットアンサンブル、東京クラリネットフィルハーモニー、シエナ・クラッツのメンバーとしてライブ、CDレコーディングに参加。シエナの公演、CDで多数コンサートマスターを務める。

2017年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ