尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2017年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. スケルツァンド(江原 大介)
<課題曲1>パーカッション編

パート別ワンポイントアドバイス(パーカッション編/講師・渡辺由美子)

渡辺由美子この曲は、いろいろな角度から軽快さを表現できますね。打楽器にもさまざまな指示がありますので、作曲者の思いを考え各場面にあった演奏を心がけましょう。拍子の変わり目で打楽器が効果的に使われていますので、バンドにおける打楽器の役割は大きいです。各場面の変化を意識し、サウンドを研究しましょう。
また、作曲者が管楽器とは違う強弱記号を打楽器奏者にわかりやすく付けてくれていますが、あくまでも参考に。自分のバンドに合う音を探求しましょう。

Timp.は三台でも演奏可能です。音変えが随所に出てきますが、どのサイズの楽器で、いつ音を変えるのかなどいろいろ研究し確認しましょう。音と音が近いのでチューニングをしっかり行うためにピアノやGlock.で音を確認し、自分の楽器の音を聞き取るソルフェージュの力(ちから)を養う事も必要だと思います。
Glock.は、スコアからアーティキュレーション、フレージングを書き写し、木管と一緒に練習してから合奏に臨みましょう。

セッティングも大切です。各場面転換では、楽器の持ち換えや移動をしなければなりませんが、音楽の妨げとならないようにしてください。

冒頭のユニゾンは、バンドのハーモニーを意識し軽快に表現しましょう。Tri.は、明るくキラキラした音で滑らかにロールをしましょう。Triangleの奏法、+はTri.を指で触りながら演奏します。止めすぎて音色がなくならないように。また、+でも響きが欲しい時には、全部の指で止めるのではなく、一本(二本)の指のみで、楽器を触りながら演奏する方法もよいと思いますので、研究しましょう。○は、オープン(通常)です。

[A]、S.D.の装飾音符Ruff(ラフ)は、LL Rと演奏します。
Sus.Cymb.にスタッカートが付いていますが、短くならないように。管楽器の音の長さに合わせましょう。
20小節目fpは、fの長さを合わせられるとVivoに向かいやすくなると思います。

Vivoは、管楽器が打楽器を頼って演奏出来るように、躍動感のあるリズムで表現したいですね。腕で叩かずにスティック、マレットの重みを生かし、叩く場所や楽器の角度などを工夫し、スピード感良く奏でるようにしましょう。自分なりの最高の奏法を見つけてください。
24小節目play on the rimは、S.D.のリム打ちです。スティックで枠を叩きましょう。トランペットの音に優しく輪郭を与えるイメージです。左右の音色を整え、ラッパに合う音を探してください。25小節目の四拍目からは、通常の奏法で打面を叩きます。
31,33小節目のmpfは、奥行きで表現したいですね。
33小節目の管楽器の初めての三連符と共に演奏するSus.Cymb.は、34小節目に響きを増幅させるイメージです。

56小節目S.D.のpは、ハーモニー進行を意識しながらリズムを表現しましょう。
63小節目のTri.は、ソロのイメージで印象的な出始めにしましょう。

[E]4小節目、この曲唯一のTamb.のキメは、鈴の音を中心に音を作るのか、革をメインにするのか、叩く手の形でサウンドが変化しますので研究をしましょう。

[F]のGlock.は、音程が伝わるマレットで演奏します。重音はフルートの響きを補う役割ですね。Sus.Cymb.の八分音符は前のめりにならないように心掛け、バランスもffですが音量よりもノリが伝わるように演奏しましょう。

[G]のGlock.はバンドに「キラッ」としたポイントを与えましょう。
95小節目のTimp.とB.D.のアンサンブルは、スタートとゴールの音質を変化させてください。

103、104小節目のユニゾンは、呼吸を合わせバンド全員でアンサンブルしましょう。

[I]のCr.Cymb.は、大きく叩くことにより、空気が入ってしまうエアロックに気をつけ、響きの多い明るい音色でシャーンと演奏しましょう。アタックよりもきれいなサスティーンで表現したいですね。
114小節目からのTimp.は、二つの音程感の違いが出せるとアカデミックです。ラストのロールは、クライマックスに向けて指揮者と一緒に緊張感をつくってください。
119小節目のB.D.は、音楽を終止する大切な一打です! 叩き終わった後の会場に響く音をイメージできるとよいでしょう。

拍子の変化や、多彩なダイナミクスを生かし、躍動感のある元気な演奏を期待しています♪

【渡辺由美子プロフィール】
静岡県富士宮市出身。東邦音楽大学90回定期演奏会にソロ出演し、数々の学外コンクール受賞にあたり表彰を受け、首席で卒業する。1995年、読売新聞社主催第65回新人演奏会出演。東京コンセルヴァトアール尚美(現、尚美ミュージックカレッジ専門学校)ディプロマフレッシュコンサート1995、1996年に出演。静岡においてソロリサイタルを開催。打楽器を百瀬和紀、マリンバを安倍圭子、L.H.スティーブンス各氏に師事。
2002年高知国体音楽講師。2006年度バンドジャーナル誌ワンポイントレッスンを担当。ブレーン株式会社刊行Winds DVD「上達が実感できる"基礎合奏"」、「2007年全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック」「2008年全日本吹奏楽コンクール課題曲合奏クリニック」、ジャパンライム株式会社刊行DVD「中学生バンドの運営と音づくり」、株式会社ユニバース刊行DVD「吹奏楽サウンドアルバム」、各打楽器指導及び監修。2009年第40回日本吹奏楽指導者クリニック(Japan Band Clinic)、同年シモクラドリームフェアの各打楽器講師を務める。2007年自らが主催するDiscussion of Percussion "Q21"では、池野成メモリアルコンサートにおいて「ディベルティメント」を初演、2006年アメリカ・シカゴにて第60回ミッドウエストバンドクリニック(The Midwest Band Clinic)にゲスト出演し絶賛を博する。ブレーン株式会社発刊の【Winds DVD】楽器別上達クリニック「パーカッション・マスター」を監修。Vol.1を2012年4月、2012年8月にVol.2、2012年11月にVol.3、2013年4月にVol.4に講師として出演。ねんりんピックよさこい高知2013音楽講師。
現在、尚美ミュージックカレッジ専門学校、尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアール ディプロマ科非常勤講師。東邦音楽大学附属東邦高等学校、埼玉県立松伏高等学校音楽科各講師。Discussion of Percussion "Q21"主催。吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテスト、クラシックコンクールなど各審査員を務める傍ら、1996年から毎年ボランティアコンサートを続けている。
日本打楽器協会理事。日本管打・吹奏楽学会吹奏楽クリニック委員。アメリカ合衆国イリノイ州ネーパービル市名誉市民。ソナー・ドラムス SQ2 クラシカルアーチスト。

2017年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ