尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2018年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. 古き森の戦記(塩見 康史)
<課題曲1>クラリネット編

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・中村めぐみ)

中村めぐみ曲に取り組むと同時に奏法を整え、基礎を見直す時間を常に持つようにしてください。身体も楽器の一部と考えてアンブシュアや構え方が安定するように組み立て、タンギングのノイズがないか、一つの音の中で音程が動いたりしていないかなど、素材を磨くことは、成功の大きなポイントだと常に思います。

この曲は、ストーリー性のある、キャラクターがわかりやすい曲ですが、上に書いた素材の良さによるクリアな滑舌が伴わないとそのキャラクターがボケてしまうでしょう。

冒頭の2小節はどのパートもサクソフォーンと音程を共有できるよう工夫しましょう。
6小節目の2番3番クラリネットの動きは、音を伸ばしている1、2拍目で3連符をイメージし、3番クラリネットは3拍目の2番クラリネットの流れに乗って、一体感のある進行にしましょう。
8小節目の2番クラリネットは1番クラリネットに寄せて2度のぶつかりを美しいものにするために、1番クラリネットより大きくならないよう、耳を使ってください。

[A]からのバスクラリネット、アルトクラリネットは、アンブシュアが動かないよう、また息をバウンドさせずに、舌で長さを管理して、一つ一つの音を丁寧に止めることを意識してクリアなスタッカートにしてください。

14小節目からの1番2番3番クラリネットは、付点のリズムが甘くならないょう、8分音符が短すぎないよう長さを管理し、16分休符をきちんと舌で音を止めてください。これはこの曲に何度も現れるので全て丁寧につくりましょう。曲全体がキリッとしまった仕上がりになる大きなポイントです。
また、16小節目の3拍目からの付点4分音符は、4拍目の存在が見えるよう、僅かに減衰させて、音を丁寧に止め、次の16分音符をしゃべってください。

[B]のアクセントは、いろんな解釈があるでしょうが、重い、弦楽器で例えたら1拍目も2拍目もダウンボウで弾くイメージが自然だと考えます。

[D]アウフタクトの3番クラリネット、アルトクラリネット、バスクラリネットの動きは、他の同じモチーフを持つパートと、セッティングにもよりますが、タイミングがずれることが起こりやすそうです。指揮の先生にしっかり3拍目を振っていただくのも大事ですが、指揮に頼りきりにならず、自主的にそれぞれが3拍目を感じ、そして拍子感が消えないよう、4拍目の8分音符を他の音より僅かに丁寧に吹いてみてください。

40小節目からのリズムは、拍の間にそれぞれ16分休符があり、舌で音の長さを管理して16分休符を演奏してください。息をバウンドさせないよう、また、息を抜くことで休符をつくらないようにしましょう。フレーズを大きくつくるのに大切なことです。

[F]からは、クラリネットセクションのまとまりの見せどころですね。オクターヴ下のパートが良い音程感と存在感を出し、オクターヴ上のパートはそれを自分の音に伴わせて吹きます。55小節目4拍目、E♭クラリネットの記譜Dの音は、楽器にもよりますが、少し音程が高くなりやすいかもしれません。フルートもよく聴いて、もし高いようなら、右手小指を押さえないことを試してください。

[G]から[H]は、レガートの最初の音を常に丁寧に発音しましょう。レガートがどう付いているかがわかるよう、レガートの最後の音を丁寧にまとめます。
そして、70小節目からの2番3番クラリネットの動きは徐々に生まれるrit.をセンスよく作るためにとても大事なモチーフです。レガートでくくられていますが、拍がわかるよう、拍の頭の音を僅かに長めに。71小節目72小節目は、オーケストレーション上聴こえにくいことが想像されますが、頑張って存在感を出してください。

86小節目からは、ホルンの喋り方に寄せましょう。ホルンを吹いているかのような気持ちで。

110小節目は、休符の拍の運動を止めず、リレーがスムーズにいくように、そして発音をことさらにクリアにするととてもスマートな仕上がりになります。

117小節目のリズムは、要するに8分音符2つのマルカート、ですが、きっと16分休符を意識して欲しくてこのような書き方をされたのではと思います。重要な言葉を発する時に念を押して喋るようなイメージで、短すぎず、おそらく固めに演奏すると、印象的になるでしょう。

最後の小節は、その前に取るブレスをシャープに、そして吸った反動で吹くのではなく、アンブシュアと息圧の待機の準備をして、最初の音をはっきり発音してください。

譜面に書いてあることを誤解なく伝えるつもりで、各モチーフを隅々丁寧に表現すれば、曲そのものが持つドラマが浮き出てくると思います。カッコいい颯爽とした演奏に出会えることを期待しています。頑張ってくださいね。

【中村めぐみプロフィール】
東京藝術大学器楽科卒業。第八回ヤマハ新人演奏会、同大学同声会新人演奏会出演。シエナ・ウインド・オーケストラ入団。ほか、オーケストラ、ミュージカルオーケストラ、室内楽、ソリスト、スタジオワークなどで、活動を続ける。東京クラリネットアンサンブル、東京クラリネットフィルハーモニー、シエナ・クラッツのメンバーとしてライブ、CDレコーディングに参加。シエナの公演、CDで多数コンサートマスターを務める。

2018年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ