尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2018年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. 古き森の戦記(塩見 康史)
<課題曲1>コントラバス編

パート別ワンポイントアドバイス(コントラバス編/講師・小室昌広)

小室昌広この曲では、様々な情景を表現することが求められています。コントラバスパートの音はシンプルではありますが、それだけにそれぞれの情景の持つ「雰囲気」をアンサンブル全体に波及させることができると思います。情景にふさわしい音を模索してその変化を楽しみましょう。

冒頭の音は会場全体に響きで世界観を演出するような音をイメージしましょう。音そのものというよりは、空気の振動を聴き手の肌で感じられるのが理想的だと思います。この長い音で弓を節約していると、実体が見える音しか出てきません。弓を往復させて構わないので、弦が豊かに震えることを目指しましょう。このとき、演奏している自分には音があまり聞こえてきません。ですがある程度離れたところでは全身を包み込むような響きになっています。誰かに聴いてもらって距離による音の存在感の違いを知ってみてください。

ピッツィカートが3箇所に出てきますが、それぞれ情景にあった音色を使い分けてみましょう。はじく速さ、指が弦に触れる感覚、腕に込める力などを変えると音の雰囲気が変化します。いろいろ試して適材適所で使えるようにしてみましょう。

[A]からの8分音符に勇ましい表情があるとアンサンブル全体が乗ってきます。各音の間に響きがない状態を作るイメージで臨みます。弓の動きを止めることで響きを止めていきます。結果として音が出ているときに動きが完了して静止していることになるのですが、実践して感じてもらった方が理解できると思うので、弓を動かす方向へ拍ごとに腕を叩きつけてみましょう。最初の低いファは音が鳴りにくいので、姿勢が悪くなりがちです。普段の姿勢で弾ける方法を探してください。弓が弦と触れる場所はどこでも構いません。

[C]からのリズムは弓の元を使って、雑音が混じった音にすると攻撃的になります。曲の途中にあるトレモロも音と共に雑音の効果もあると音楽の雰囲気が変わります。

[L]で旋律を弾くときには、最初に出した音とは全く違う実体のある音で演奏しましょう。

【小室昌広プロフィール】
1989年、東京芸術大学卒業。1992年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。コントラバスを加藤正幸、永島義男の各氏に師事。L.シュトライヒャー、F.ポシュタ、F.ペトラッキの指導も受ける。作・編曲、指揮も手掛け、その作品は 東京交響楽団等で演奏されている。都内すべてのプロオーケストラでの経験をもち、東京ゾリスデンアンサンブル・オブ・トウキョウなどの室内楽団でも演奏する。草津、倉敷、宮崎などの各音楽祭に出演。東京芸術大学及び尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。

2018年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ