尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2018年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. 古き森の戦記(塩見 康史)
<課題曲1>ユーフォニアム編

パート別ワンポイントアドバイス(ユーフォニアム編/講師・大山 智)

大山 智「戦記」という題名通り、物語のように様々な場面展開のある曲です。スラー、スタッカート、アクセント、ダイナミクスなど場面に応じたニュアンスで演奏できるといいですね。

冒頭はAdagioと表記にある通りたっぷり(ゆったり)とした部分です。低音楽器のCの音を感じながら他の楽器(Sax., Hrn., Trb.)とのバランスを気をつけて演奏しましょう。テヌートの指示がありますが、停滞しないように気をつけてください。4小節目の前打音は前に演奏しているPicc., Fl.のニュアンスと合わせられるようにしましょう。

[A]からの8分音符はただ刻むだけではなくハーモニーを意識してください。またスタッカートは短くなりすぎず、きちんと音の形が見えるように演奏しましょう。[A]の1小節目のデクレッシェンドは次に出てくるメロディを呼び込むように。また、途中で音が変わるところはハーモニーが変わることを意識して演奏してみてください。14小節目でfになりますが、あまり大きくなり過ぎず直前より少ししっかりとした音で演奏するような意識でよいと思います。その後にクレッシェンドがあるのでそこで音色が荒れないような配慮を(音も低いので)。

[C]からは付点のリズムが緩くならないように気をつけましょう。16分休符に音を入れて練習してみるとよいと思います。音量もfとなっていますが、メロディはOb., Cl., Sax.ですのでその人達をよく聴いて同じリズムで演奏している人ともニュアンスを揃えながら演奏できるように心掛けてください。

33小節の4拍目は表拍に休符のある低音系(リズム系)と休符のないメロディ系があるので違いを理解しておくとよいですね。

[D]の入る直前のスラーは滑らかに、そして低い音域なので音程感をしっかりと意識しましょう。37小節目の動きは長い音符の後だと遅れやすいので[D]に入ってからは常に8分音符を意識しましょう。

78小節目はメロディの合間のスパイスみたいになるといいと思います。演奏した後はまた裏方になるので切り替えましょう(93小節目も同様)。

83小節目からは8分音符系のメロディと二拍三連のパートが混在しているので、あいまいにならないように正確に演奏できるようにトレーニングをしてください。

[J]からは全パートがffとなっていますがどこがメロディなのかよく考えてみましょう。またHr.とTrb.とのバランスを気をつけながら演奏してください。

[K]からは低い音が多くなります。また最後の音はfffとなっていますが音がつぶれないような発音や良い音色をキープしながら演奏しましょう。

【大山 智プロフィール】
埼玉県出身。 県立伊奈学園総合高等学校を経て東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。 2009年G.リゲティのオペラ「ル・グラン・マカーブル」の日本初演にバストランペット奏者として出演。同年第26回日本管打楽器コンクールユーフォニアム部門第4位受賞。 現在は東京佼成ウインドオーケストラやシエナ・ウインド・オーケストラ、その他在京オーケストラの公演に出演している他、様々なレコーディングにも参加している。 ユーフォニアムを池田勇人、佐藤信之、稲川榮一、外囿祥一郎の各氏に師事。 尚美ミュージックカレッジ専門学校専任講師、ミュージックスクール「ダ・カーポ」講師。

2018年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ