尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2018年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. 古き森の戦記(塩見 康史)
<課題曲1>フルート編

パート別ワンポイントアドバイス(フルート編/講師・野崎和宏)

野崎和宏冒頭2小節間の木管群と金管群によるAs、C、Es、Gesのコードから生まれ出て上昇するCl.1,、A.Sax.のラインをよく聴いて、3小節目2拍目からPicc.&Fl.全員のユニゾンで出発します。この音型は曲全体を通じて何度も顔を出します。勿論ユニゾンの音程に気をつけますが、3小節3拍目のCが前打音で有耶無耶にならず、上昇してきたCl.1とA.Sax.のCの音程を正しく受け継げるように気をつけてください。
譜例【1】
2018_01_fl_01.png

そして、その後の2拍にまたがる3連音符は、均等で滑らかに奏します。もしも「♪♩♪」寄り等の歪なリズムになるようなら、ここでは4/4の指揮を見ながら2分音符を一つのゆったりした2/2拍子に感じてみるか、または細かい3連符に分解してからタイで繋げる練習を予めしておくのも、ひとつの解決法になるかもしれません。
譜例【2】
2018_01_fl_02.png

[A]の主部に入り、16小節目から加わる2小節間もCl.1を含めたユニゾンです。力強くまとまった響きになるように再度音程と音質に注意しましょう。

[B]の4小節間(18〜21小節)は、最初にPicc.とFl.で吹いた音型(3〜4小節)の変形だと思いますが、速くなった動きの中でも前打音で3連符の動きがギクシャクしないように、18および20小節Fl.1はオーボエとタイミングを合わせ、複前打音によって3連音符の最初の音がブレずにきちんと3拍目頭に置けるように注意してください。

[C]からは、Cl.とSax.で更に勇壮に繰り返される第1主題をFl.、Picc.のトリルで華やかに飾り立てますが、27小節のトリルを切るタイミングに気をつけてください。他のパートのシンコペーション、2拍目2分音符のアクセントが際立つよう(邪魔をしないよう)、長すぎず短すぎず正確に切ります。

[E]からは作曲者が「やや叙情的」と書いておられるSax.ソロで登場する第2主題ですが、軽快なテンポのまま柔らかく歌い第1主題とは異なる主題の対比が示されます。Fl.は、[F]からその第2テーマに加わります。

60小節目のフェルマータで静止した後、中間部[G]は、テンポModeratoに落ち、合戦も一旦落ち着きます。第1主題がHrn.で穏やかに奏され、67小節目のFl.ソロは、ヴィブラートを強弱と並行して程よく操り、段階的に69小節目でpまで落とします。70小節目にcresc.の指示がありますが、早く始めすぎないないように、よく溜めて71小節目後半から72小節目の2分音符へ向けて一気に盛り上げます。
穏やかな休戦も束の間、[H]で最初のアレグロより更に速い♩=138で第2テーマ(Cl.75小節〜)、合間に金管による第1テーマの断片が顔を出し(78,79小節)、Fl.は、82小節〜、97小節〜冒頭で吹いた音形をfffで主題間を繋ぎます。第1、第2テーマの丁々発止のやり取りの中に埋もれないよう、ハッキリと強い発音を心がけます。

[J]からは、2つの主題が同時に奏され、曲も最高潮を迎えます。Picc.、Fl.は、全員で第2テーマを受け持ちます。

[K]112小節、8分音符の長さが適当にならないようにきちんと揃えて、2分音符との間の八分休符をくっきりと入れると整然とメリハリのある印象が得られるでしょう。

【野崎和宏プロフィール】
桐朋学園大学を卒業後渡仏。7年間、パリを中心に活動。ヴルサイユコンセルヴァトアール、パリ・エコールノルマルにて研鑽を積み、バルセローナで名誉ディプロマを得る等、いくつかの国際コンクールに入賞。フェスティバル、国営放送等で多くのコンサートを行った後帰国。300曲を超えるソロレパートリーを持ち、帰国後もソロや室内楽を中心にした演奏活動を続けている。同時に、後進の指導にも力を入れ、コンクールの審査員、曲集・教本の編纂も手がけている。

2018年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ