尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2018年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. 古き森の戦記(塩見 康史)
<課題曲1>ホルン編

パート別ワンポイントアドバイス(ホルン編/講師・並木博美)

並木博美1小節目から劇的な始まりの雰囲気が感じられるような音色と音量で1stと3rdの動きをはっきり聴こえさせて且つ1stトロンボーンやアルトサクソフォーンとそれらを合わせましょう。2ndの実音「C」はF管の「0」かB♭シングルの場合は「2+3+4(親指)」だと音程が安定します。

[A]からの旋律は16分音符には特に息を強めに入れ細かいリズムをはっきりと吹きましょう。「^」のついている音符はアクセント二つ分位のアタックの強さでお腹でしっかり支えた息を入れ「破裂音」にならないように注意して練習しましょう。

[B]は「^」ははっきり目に演奏し4拍目は十分に響かせた音で。5小節目からの3連符は短く息を入れ目に歯切れよくハッキリとした音で演奏しましょう。

[C]からリズムが変わります。2拍のリズムは「タッタタ・タ・」と口で言ってみて後ろの8分音符のスタッカートをはっきり付け、しかも音の間が詰まってリズムが転ばないように注意しましょう。

[F]からの対旋律ですが音の切り方を揃えましょう。58小節目の3rd、4thはmfより強めに。

[G]からの1st、2ndは悲しげな感じで(ゆったりとB♭に向かって息のスピードとお腹の力をややcresc.し、62小節2拍目からややdecresc.)。
64小節からも同じく息のスピードとお腹の力をコントロールしましょう。
69〜71小節まではcresc.ですが、特に下がった音に息をしっかり入れ次の跳躍の準備をしておきましょう。特に71小節アウフタクトの「As」は十分に息を吹き込むと次の「G」が決まりやすくなります。

78小節目の4拍目と79小節目の1拍目でお腹の支えをより強くしながら反復練習をしましょう。

93小節の「H」はF管の2番がおすすめ。
98小節の2分3連符の装飾音は拍の前にはっきり聴こえるように出します。
102小節アウフタクトからのcresc.はかなりしましょう(特に103小節)。

113小節から116小節1拍目まではかなりはっきり聴こえるように演奏しましょう。

【並木博美プロフィール】
武蔵野音楽大学・同大学院修了。ホルンを薗清隆、田中正大、H.ブラーデルの各氏に師事。元・東京佼成ウインドオーケストラ団員、東京アーバンブラス・東京アートノームブラスに所属、アンサンブルの為の編曲等を多数手掛ける。

2018年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ