尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2018年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. 古き森の戦記(塩見 康史)
<課題曲1>パーカッション編

パート別ワンポイントアドバイス(パーカッション編/講師・荻原松美)

荻原松美まず、作曲者の解説を読み、曲名から想像されるイメージを強く持ちましょう。これは表現と音作りに影響します。各場面、非常にドラマチックですから、それぞれに見合った歌を表現したい。

冒頭のTimp.、ロールの頭を一発鳴らすとしてそれを含めた4つの音「タカダダーン」、これをまず練習しましょう。あまり狭くならぬよう、やや広がりを持たせてもよいでしょう。最初の音をあまり小さくしようと思い過ぎずに。
そしてTimp.とB.D.のロールは、その「タカダダーン」を伸ばす感じ。暗めのサウンドで。ストロークをあまり速くしすぎないほうがよいと思います。
2小節目は、Timp.・B.D.とSus.Cym.とのオーバーラップを美しく。

3小節目からのW.Chime、このように繊細さが求められる場合、バーの上の方、紐の下辺りを指ないしはTri.ビーターで滑らせるとよいでしょう。バーの下の方だとジャランジャランしてコントロールが難しくなってしまいます。

5小節目のTimp.、16分休符で音を止めるかどうかが問題。どちらもアリだとは思いますが、止めようと思って皮に触る雑音がしたり、忙しさが表現に表れてしまってはいけませんので、完全に止めようとせずに指1~2本だけでうっすら触るという手もあります。

[C]からのTimp.、(同じ動きの人全員に言えることですが)テンポはしっかり正確である必要はありますが、重く下に打ち込んでしまわずにドライブ感を持って演奏するとよいでしょう。

[D]3~4小節目のSus.Cym.、ストロークをあまり速くせず、響きを繋げることを意識しましょう。
[E]2小節前からのS.D.、緊張感は欲しいですがよく歌って。例えば2小節単位のフレーズ感を意識するとよいかもしれません。小さい音を出すからと言ってあまりエッジ近くで硬い音にせず、スナッピーの豊かな響きを出すようにしましょう。

[E]からのTri.は、冷静な雰囲気は欲しいですが、楽器を一度程揺らす程度のビブラートをかけると美しいかも。いろいろ試してみてください。
Timp.のHとFis、そしてEとH、この主音と属音の関係を意識して。属音から主音に行くときのオーソドックスな表現というのがあると思います。ぜひ、モーツァルトやベートーヴェン等、二つのTimp.だけで演奏していた時代の音楽を聴いて研究してみてください。

[K]、S.D.とXylo.の16分音符は、左右交互に弾くことで「ラーラーラーラー」に近い長い表現になってしまいがち。コンパクトにダウン気味の奏法で、16分音符の短い「ララララ」という表現を意識して。そうすることで4拍目のsub.mfもやりやすいでしょう。これは117小節目の8分音符も同じ。左右交互に弾くと、それぞれの音符は「ダーダー」のように4分音符の表現でも弾けてしまいます。この場面にふさわしい「ダンダン」のような力強く短い表現を意識しましょう。

[L]のTimp.とB.D.、山型アクセントだからといって、力任せにならぬよう。しっかりと深い音色を意識した上で、スピード感を持って弾きましょう。

全体的に、音量の設定がよくできているように感じます。まずは書いてある記号を忠実に守って、それから全体のバランスを見て調整していくとよいでしょう。

【荻原松美プロフィール】
長野県出身。国立音楽大学卒業。 大学在学中に「シエナ・ウインド・オーケストラ」のオーディションに合格し、入団。その後、2人の打楽器奏者と2人のピアニストによる現代音楽ユニット「Ensemble nos mains」を結成。自主公演を行い、F.Donatoni作曲「CLOCHES?」を日本初演。
オーケストラや打楽器アンサンブル、「劇団四季」「東京宝塚劇場」などのミュージカル、タレントのバックバンド等、クラッシック・パーカッションのみならず、ドラムセットやラテンパーカッションをも操るマルチ・プレーヤーとして、様々なコンサートやレコーディングに参加。 打楽器を上野信一、岡田知之、塚田靖、の各氏に師事。
現在、「シエナ・ウインド・オーケストラ」の打楽器奏者。フルート・ピアノ・パーカッションのアコースティック・トリオ「賛美音」メンバー。 他に、オーケストラのエキストラプレーヤーとして、また、上野信一&パーカッショングループ"PHONIX"のメンバーとしても活動。長野県小諸高等学校、 尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。「イノベイティブ・パーカッション」「エバンス」「CANOPOS CONCERT SERIES」のエンドーサー。

2018年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ