尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2018年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

I. 古き森の戦記(塩見 康史)
<課題曲1>トランペット編

パート別ワンポイントアドバイス(トランペット編/講師・池田英三子)

池田英三子この曲は、作曲者も最初に記してあるようにとてもドラマティックな音楽で、そのドラマティックな展開の要所要所にトランペットが効果的に使われていますので、決して勢いや雰囲気だけではなく、丁寧な音作りを心掛ける必要があります。
また、実音Hの音がたくさん出てきます。この「1-2-3」の運指は音程を取るのがとても難しいので、実音a-mollの音階やアルペジオを沢山練習してみてください。

[A] 6小節目と7小節目の4拍目の裏の16分音符は裏拍も曖昧にならずに、きちんとクリアに聞こえるようにしてください。キャラクターがきちんと見える発音を心掛けましょう。

[B] 山型アクセントがすべての音についていますので、特に低音のアタックがぼやけないように、息の立ち上がりをきちんと意識しましょう。

[C] 5小節目からのメロディーは最初に書いた通り実音Hの音程が不安定になりやすいので、1番管と3番管を抜いて音程の調節をしましょう。また、HとCが繋がっていますので共に音程に気を付けてください。

[F] 同じく音程に注意しましょう。また、58小節目からのフレーズのdim.は慎重に、60小節目で1stと2ndがFの音に下りる時に出来るだけ音が切れないように、息やアンブシュアできちんと支えて慎重に下りるようにするとよいと思います。

[G] 1stの63小節目アウフタクトのフレーズは、その前のホルンからきちんと繋がるように音量やアタックに注意しましょう。バトンの受け渡しを丁寧に。

[H] 今まで書いてきたように、音程と16分音符の発音に注意しましょう。またタイやクレッシェンドで音を「後押し」しないように注意しましょう。

[J] このメロディーもFisやHなど音程が取りにくいのですが、ユニゾンがきちんと決まるように一人一人が注意して、トランペットセクションはもちろんピッコロ、フルート、オーボエ、E♭クラリネットともきちんと揃うように心がけてください。音程だけではなくアーティキュレーションもきちんと合わせましょう。

[K] この部分はとても♯が多く、音も取りづらいので、ゆっくりきちんと音取りをしてください。115小節目は運指も難しいので、ハーフバルブになって音が曖昧にならないように「1−2」と「2-3」の運指を交互にトリルのように練習するとよいでしょう。その際には2番ピストンを上げずに1番と3番は交互にしっかりと上げ下げしましょう。
フィンガリングがきちんとできたらフィンガリングとタンギングがきちんと合うようにしてください。

[L] 最後はffですべての音に山型アクセントも付いていますが、アタックが強すぎてしまうと音が割れたり汚くなってしまうので、あくまでもMaestosoのニュアンスを損なわないように、音色が損なわれないよう気をつけましょう。子音が強すぎないように母音を意識して発音するとよいと思います。ドラマティックな最後の部分ですので吹き散らかした感じにならないように音色とアタックには細心の注意を払ってください。

【池田英三子プロフィール】
東京藝術大学卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科修了。東京藝術大学管弦楽研究部及び同附属高校非常勤講師を経て、現在尚美ミュージックカレッジ専門学校、埼玉大学教育学部、埼玉県立松伏高校音楽科各非常勤講師。フリーランスの演奏家として、ソロ、室内楽、ミュージカル、各オーケストラや吹奏楽団の客演など幅広く活動している。著書に「トランペットをふこう」(中央アート出版)がある。

2018年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ